今回はエチケットについてです。
気が狂いそうになる日本のエチケット11個が紹介されています。

11.人を呼ぶとき(様、先輩、氏など)
10.名刺交換
9.エレベーター(最初に入った人がボタンの操作をする)
8.地下鉄(車内でのおしゃべり、他人をじろじろ見ない、優先席)

7.接し方(直視しない、触らない、パーソナルスペース、公共の場でのキス)
6.お酒(社会的階級が壊れる
例:地方の教授が生徒たちと一緒に飲み、生徒たちが教授の家にに連れて帰る、
日中に酔っ払ってビジネス相手のスーツに吐く)
5.お金(お金を渡すときは何かに包んで渡す、お金を払うときはトレイの上に乗せる)
4.正座

3.季節の贈り物
2.お辞儀(角度が種類がある)
1.店を出る時(出口までついて行ったり、ドアが閉まるまでお辞儀をする)

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加