今回は服のサイズについてです。
日本ではXLサイズの場合、アメリカではMサイズ、ヨーロッパではLサイズとなっています。

find more Japanese media in facebook.com/Jrockradio/

Jrock Radioさんの投稿 2016年9月15日




翻訳元
find more Japanese media in facebook.com/Jrockradio/


・日本で服を探すのが大変だった。


・国によってサイズが変わるなんておかしいよ。日本ではぴったりの服を見つかることがないから、サイズが重要ではないことを示しているよね。


・自分のサイズを測って日本で服を買ったよ。服にもよると思うけど・・・。


・となると、Sサイズを着ている日本人は外国では子供サイズを探さないといけないな・・・。


・これだと日本では服を買うことができないな。だから日本に住むことができなんだ。


・ドイツではXSかSサイズなんだけど、日本ではMサイズになるわ・・・。


・日本では私はすごく太っていると思われてしまうわ。


・イギリスではMサイズ、アメリカだとSサイズになるから、日本だとLサイズになるかな? 165cmで63,5㎏を考えれば面白いわ。


・日本のサイズだとXXLかXXXLになるだろうな。日本に行ったら、服を探すのに苦労すると思う。


・これってアメリカ人はデブだらかでしょう。


・あいにく、これはまさに本当の事さ。数年前に日本に行ったとき、何店舗かシャツを見たんだけど、XXLサイズが小さすぎて買えなかったんだよ。


・オーストラリアでは店によって違いがあるよ。


・日本だと3Xのサイズを着ることになるんだろうけど、デブサイズって言われるかも。


・日本人は他の国の人たちと比べて違う骨の構造なんだと思う。私はXSのサイズなんだけど、シャツによっては胸囲が狭かったりするし。そのときはMサイズになると思うしね。


・オランダではSサイズ(182cm,63㎏)なんだけどアジアのお店で販売している服を注文するときはLサイズでなければならないんだよね。心配するようなことではないわ!
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加