今回はかんな削りについてです。
動画ではかんなくずの薄さ6ミクロン(0,006ミリ)のかんな削りの技が披露されています。
Thinnest Wood Shavings You Have Ever Seen - Japanese Woodworking






・これはスゴイ!鋭い刃に熟練者の技術だね。


・木材がシルクのようになるんだな。


・僕の通っている学校にあるトイレットペーパーと同じくらい薄いよ。


・人の肌のようだね。


・こうやってウォルマートではトイレットペーパーを作っているんだな。


・何に役立つんだ?全く意味がない!


・研磨する必要がなくても、あれほど薄く滑らかに削ることができるの?


・木製のタイツを作ることができるね。


・あのかんなの刃で誰かの肌を削ってみたい。


・ここで否定的なコメントをしている馬鹿な連中は、全く理解していないことを言っているな。


・なぜだかわからないんだけど、美味しそうだ・・・。


・俺がこれまでやったかんなくずの薄さは、この動画の2倍以上あるんだよな。


・あのかんなくずは何に使うの?


・こういうのができるから日本人が大好き。あの刃は刀よりもかなり鋭いに違いないね。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加