今回は日本についてです。
動画ではアメリカではいいけど、日本ではダメなこと6つ紹介しています。

その6つは

 1.タトゥー

 2.レストランで料理の中身を変えること(嫌いなものを抜かしたり、代わりのものを入れたりすること)

 3.食事を残すこと

 4.公共の場所(電車やバスの中など)での電話

 5.PDA(人前でイチャイチャすること)

 6.土足で入る

になります。
6 Things OKAY in the USA (but rude/prohibited in Japan)



・ノルウェーでは靴を脱ぐけどスリッパは履かないね。日本では靴下だけで室内を歩き回るのは変なのかな?


・イギリス出身だけど誰かの家に入るときは靴を脱ぐよ。病院や会社ではやらないけど。


・アメリカでも食事を残すことはダメだということになればいいなと思う。貧しい暮らしの中で育ったから、たくさん無駄に残しているところをみたらすごく驚くんだ。


・私も公共の場で電話はイラッとすると思うわ。


・アメリカではバスの乗っていて電話で話をしていたら運転手が叫んでくるよ。


・ドイツでは人前でキスすることはPDAとして大したことではないよ。


・バスの中では電話はしないな。他人にこちらの会話を聞かれてるのが苦痛だと感じるからね。


・あまり気にしないんだけど、PDAを見たときはカメラを取り出すんだ。カップルのリアクションを見るのが楽しいからね。


・マクドナルドでさえも特別な注文に対しての対応の仕方が知らないからね。プレーンバーガー(肉とパンだけ)を頼む交渉をするのに少なくとも5分かかったよ。しばらくの間、間違った頼み方をしたのかもと思っていたんだけど、日本の友達に聞いてみたら、言葉の問題ではなく文化的なことだと言っていたね。


・日本では人前で鼻をかむことよりも鼻をすすることが受け入れられていることのほうが理解できないよ。気味悪い音なのに!


・3番目(食事を残すこと)については、アメリカはたくさんの時間や食事をサービスできるから、それでお金をよりたくさんもらえるからね。


・俺もPDAは好きではないから、プライベートでやるべきだ。


・タトゥーはちょっと酷いよね。僕の脚には10インチのドラゴンのタトゥーがあるんだ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加