今回は池田学の作品「Rebirth」についてです。
東北の震災をテーマに2013年から1日10時間の作業をして3年半かけて作り上げた作品になります。

After working 10 hours a day and 6 days a week for over three years, artist Manabu Ikeda just finished work on his 13' x...

Colossalさんの投稿 2016年11月28日




翻訳元
After working 10 hours a day and 6 days a week for over three years, artist Manabu Ikeda just finished work on his 13' x 10' pen & ink drawing 'Rebirth' — one of the most staggeringly detailed drawings we've encountered on Colossal.


・これが現代の名作と言うんだな。


・神が素晴らしい才能を彼に与えたのね。美しい作品だわ!


・この作品を描いているところを見るのを体験してみたいわ。


・1日10時間作業していたところではなく、彼の芸術的な技術に感動したわ。


・細かいところがすごい!


・3年半の中で誰も間違って何かを作品の上にこぼしたりとかしなかったんだね。


・思わず息をのみそうになるわ。


・全ての面で素晴らしいよ。


・優れた作品ですごくすてきだわ。生粋の才能と忍耐強さもあるしね。


・これはかなり並外れたものだよ!


・破壊と混乱から出た美しさだわ。2020年のアメリカもこうなればいいと思う。


・何て力作なんだ。単純にすごい。


・かなりすごいわ。1日8時間描いているのが気に入ったし、今はマディソンにいるのね。


・これが芸術家たちがやっていることなんだな・・・何世紀もの間、ずっとやってきたように。


・素晴らしい才能なんだけど、考えさせられるところもあるんだよな。3年半の間に1日10時間の週6日で作業をしていても、食べるためのお金を稼いでいたんだなと。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加