今回はフィギュアスケートについてです。
フランスのマルセイユで行われているグランプリファイナルで羽生結弦選手がショートプログラムで今季世界最高得点となる106・53点で首位となりました。
(1日遅れてしまいました。)
Yuzuru Hanyu SP 2016 GP Final Marseille






・彼にとっては100点以上の得点は普通なんだろうな。いつも素晴らしいよ。


・4回転ループをリプレイで見続けているんだけど、どうやって耐えたんだ?!


・いいね。美しいよ。見ていてすごく楽しい。


・ユズOn ICEだな。


・最初のジャンプで耐えた後のちょっと笑ったところが好きだわ。


・フリーで最高の演技をしてくれればなと思うよ。彼は本当に素晴らしいスケーターだ。


・氷の上に顔を強くぶつけてしまうのかと思ってしまったよ。すごく安心した。


・彼のトリプルアクセルの入りと終わりが驚くべきものだわ。フリーがすごく楽しみ。興奮して震えているわ。


・羽生は優美で世界で最高の選手の1人だね。技術的にとても難しいプログラムをやっているし、上手くやったよ。


・2:05のところで飛ぶトリプルアクセルは推進力と外側のエッジを使っているね。トリプルアクセルはジャンプの神だ。


・最初のジャンプを耐えたのがすごい。それで笑っているし。


・すでに何度この動画を見たか数えきれないよ。氷上のエンターテイナーだ。


・彼は本当にすごいね。圧倒的な差をつけているし。100台の得点を出せる唯一の選手だし、今回は106点だしね。


・他の全ての選手より頭1つ抜けている。
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加