「北海道でタンチョウヅルが踊っている」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「北海道でタンチョウヅルが踊っている」海外の反応

今回はタンチョウヅルについてです。
絶滅危惧種になっているタンチョウヅルですが、北海道では冬の季節に見ることができます。
Cranes dance

Dance with them to celebrate that their number is increasing
Video: lovenature.com Love Nature

WWFさんの投稿 2017年1月22日




翻訳元
Dance with them to celebrate that their number is increasing


The beautiful dancing red crowned cranes..


・フロリダのカナダヅルにとてもよく似ているよ。


・北米のアメリカシロヅルも踊るし、きれいだよ!このツルも絶滅の危機にあって、撃たれたという記事を毎年、何度も読むんだけど、すごく悲しくなるんだ!


・これが見れてすごくハッピーだ。


・すごく貴重だ!


・踊るための理由があるし、私たちもあるよ。


・2020年の日本のオリンピックのマスコットにするべきだ。


・跳び上がらんばかりに喜んでいるね。


・安全に留まってね。


・美しく舞い降りているね。きれいで上品だ。


・アメリカには住めないということを覚えてすごく幸せそうだ。


・1年くらい前に頭頂の赤い2羽のツルに出会ったんだ。僕のところに歩いて近づいてきたのが素晴らしかったよ。


・最も美しい生物だ。


・この世界で一番の敵は人間だよな。
 
スポンサード リンク
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (25)

絶妙な配色デザインだよね
名無しさん URL 2017-01-29 20:28

ツル「ヒャ、足冷て!冷て!」
名無しさん@Pmagazine URL 2017-01-29 20:49

鳥って足に痛覚神経あるの?
  URL 2017-01-29 20:55

痛覚くらいあるだろう。だから夕鶴はおつうさんなんだし。
名無しさん URL 2017-01-29 21:04

タンチョウの保護施設の飼育員さんが目撃した話です。ある日、
保護施設の鶴が、ゲージの傍に来た野生の幼鳥の鶴に餌を与えていた。
親子でない個体には、餌を与えないのが鳥獣なのにと語っていた。
『焼野のキギス、夜の鶴』とは言いますが、賢い鳥です。
名無しさん@Pmagazine URL 2017-01-29 21:30

タンチョウヅル じゃなく、 タンチョウ です。
URL 2017-01-29 21:58

本当に素敵な鳥!不思議と上品さがある。
昔の人も縁起が良い鳥としてきたし。
URL 2017-01-29 22:19

頭に日の丸!
URL 2017-01-29 22:51

美しく舞い踊る、ハゲの希望の星
名無しさん@Pmagazine URL 2017-01-29 23:21

寅さんのテーマかと思っちゃったよ
名無し URL 2017-01-29 23:23

凍ってない水の中のほうがあったかいらしい
URL 2017-01-29 23:45

北米のアメリカシロヅルより、丹頂鶴の方が配色のバランスや首の細さが
繊細で美しい。
通りすがりの日本人 URL 2017-01-30 00:35

トキみたいに保護センターに居ると思い込んでたから、初めて北海道行った時に道路脇の畑で落穂食ってるの見て「え゛… ಠ_ಠ」ってなった。
昨年の晩秋に行った時は北見の交差点脇の草むらにキタキツネが歩いてたな…
野生動物がこんなに間近に見れちゃって良いのか⁈って衝撃を受けた一方、札幌周辺に入るまで仕事の人と観光客以外で外を出歩いてる人間はホント見かけなかった。
URL 2017-01-30 01:06

>昨年の晩秋に行った時は北見の交差点脇の草むらにキタキツネが歩いてたな…

普通に札幌市内(のハズレの方だけど)にもいるぞ
クマが出て近所の公園しばらく閉鎖とか集団下校したとか

ちょっと前まで「札幌って熊が出るんでしょう?」「でねーよwww」なんてやってたのに今では「えぇ・・・」としかw
URL 2017-01-30 01:50

「求愛ダンス」たったよね、確か?
URL 2017-01-30 05:36

江戸の頃は、鶴は犬や猫・猿などと並ぶ薬食い(肉食)だったんだよね。
明治に西洋から無理やり押しつけられた牛豚よりも肉食の歴史は古い。
URL 2017-01-30 06:42

翻訳には書いてなかったけど翻訳元のコメントにはクジラやイルカみたいに食べてませんか?とか馬鹿な外人がやっぱりいたわ
名無し URL 2017-01-30 07:42  [Edit]

“タンチョウ”には“ツル”の意味が含まれているから、タンチョウヅルでなくタンチョウと言うのが正しいと、むかしバスガイドさんが言ってた。
ただ、「釧路市丹頂鶴自然公園」が釧路市の公園として存在しているから、わけがわからないよ。
URL 2017-01-30 08:06

タンチョウといえば池中玄太
URL 2017-01-30 12:46

タンチョウと言えば正富宏之だろう。鶴仙人って呼ばれてるぞ。
  URL 2017-01-30 14:07  [Edit]

オリンピックのマスコットて
国鳥からランク下げてどうする
名無しさん@Pmagazine URL 2017-01-30 17:43

恋ダンス
URL 2017-01-30 19:01

”白鳥の湖”というバレイがあるが、タンチョウの方がよっぽどそれっぽく踊るよな。
白鳥は短足であんなに優雅じゃない。
URL 2017-01-30 21:43

カラフルで派手な鳥も綺麗だけど、白、黒、赤が絶妙なバランスで、おまけに雪上でのダンスはウットリするほど美しい
白鳥も大好きで写真集を持ってるけどタンチョウのも欲しいな
URL 2017-02-03 06:39

日本の国鳥は雉だしなぁ
丹頂鶴の学名には日本ってつくんだけど渡り鳥だからと選外になったらしい
他国は渡り鳥でも国鳥なんてざらなのにな
URL 2017-02-14 21:45

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。