「アメリカにはない日本の学校の規則」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アメリカにはない日本の学校の規則」海外の反応

今回は学校についてです。
動画ではアメリカにはない日本の学校の規則が紹介されています。
Japanese School Rules That Would Never Happen In America






・ノルウェーでは教師、親、スタッフを名前で呼び合うよ。


・イギリスの学校の規則とかなり近いけど、こちらでは夏休みがたったの6週間しかないよ。


・アラブ首長国連邦と全く違いがないね。2週間の春休みもあるし。


・トルコとほぼ同じの学校の規則だ。


・フィリピンは朝6時30分から授業が始まるんだけど・・・。


・ベトナムの高校生は朝の7時15分から最初の授業が始まるから7時までに学校に行かなければならないんだ。


・アメリカに住んでいるけど、膨大な量の夏休みの宿題があったよ。


・カナダの学校では自分たちの教室で昼食を食べるよ・・・。


・ドイツは朝の7時30分に学校が始まるから、それまでに行かないといけないんだ。


・フィンランドでは時間の制限もないから、遊びたかったら一晩中外で遊べるし、携帯も使いたいときに使えるよ。授業中はダメだけどね。


・モロッコでは7月20日から夏休みがあって、それも90日あるんだ。全く学校に行かなくてもいいしね。あと何の拘束もないけど、携帯を使うのは認められていないんだ。


・イタリアは3カ月の休みがあるぞ。


・私のところは朝7時に学校が始まるし、理由もなく5回遅刻したら罰があるよ。


・全部本当だけど、時間は学校にもよるね。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (2)

日本語翻訳をなぜ書かない? 管理人よ
URL 2017-03-21 00:41

学校に関係ない物の持ち込み禁止。お菓子やお金やメモ帳など。アメリカでは普通にウォークマン聴いたり、ガム噛んでることに驚いた。自由過ぎる。ちな、実体験な。
URL 2017-03-22 21:33

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。