今回はイチゴについてです。
動画ではまりひめ(10800円)と博多あまおう(1080円)のイチゴを目隠しして食べ比べています。
$100 vs $10 Strawberries (from Japan)






・日本の果物は全くの別次元にあるからね。


・あの大きな100ドルのイチゴを食べることができたらなあ。


・最後のほうに出てくる100ドルのイチゴがお尻の形のように見えるわ。


・味の違いは全くないんじゃないの。


・10ドルものでもイチゴにしてはちょっと高過ぎる。


・包装した高い果物は贈り物用で普通の食料品店で買うようなものではないよ。


・10ドルも100ドルのイチゴは高過ぎるんだけど、少なくとも人生で1度は試してみないとね。


・高いわね。大きなイチゴには数ユーロくらいしか出せないわ。なぜ日本のものはすごく高いの?


・5ドル以上するイチゴを買うことはないだろうね。日本の高い果物はすごくおかしい。


・スペインでは夏の期間に1キロのイチゴを3ドルくらいで買えるよ。


・野イチゴが最高さ。ドイツでは木の端っこのほうで生えているからね。お菓子のグミベアのような味で、本当に美味しいよ。


・個人的な意見として、高いイチゴは大きくて、小さいイチゴは普通、味が良いよね。酸っぱいのが嫌いなんだ。


・これほど大きなイチゴを見たことがないよ。これまで見てきたイチゴは全部小さいし。


・自分がイチゴに3ドル以上のお金を出して買うなんてことは想像できないな。無料なら高いほうを選ぶけどね。


・シンガポールで白いイチゴが5個45ドルで売っていたよ。大きんだけど1個のイチゴが2~3口で食べれてしまうんだ。
 
スポンサード リンク
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加