「日本の伝統的な継手を3DCADを使って紹介」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の伝統的な継手を3DCADを使って紹介」海外の反応

今回は継手についてです。
日本の伝統的な継手を3DCAD(ソフトはFusion 360)を使って紹介しています。

↓↓↓
The Joinery
Japanese art of joinery

So satisfying to watch.😌

via twitter.com/TheJoinery_jp, instagram.com/thejoinery_jp

Bright Sideさんの投稿 2017年3月25日




翻訳元
So satisfying to watch.


・以前にこの継手を見たことがあるんだけど、日本の伝統的な技法だとは知らなかった。魅力のある完璧さだ・・・。


・アニメ「ボルテスV」を思い出す。


・70年代から80年代のインドの大工たちがこれをやっていたよ。僕の家の窓やドア全部が釘や接着剤を使わずに、この技術を使っているよ。


・すごくクールで効率的だ。


・これは新しく出たニンテンドースイッチのモデルか?


・子供のときに近くにいた大工さんが家具にこういう継手をやっているのを見たよ。手作業で道具を使ってやっていたな。


・見ていてとても気持ちが良いよ。最後のやつは不快に感じるんだけど。


・すごく完璧だから頭が痛くなってくる。


・若かったとき、両親が自分たちの家は釘を使わずに家を建てられたんだと言っていたな。おそらく日本人から習ったのかも。


・IKEAはこの芸術をよくわかっていないだろう。


・とても複雑だけど役立つ!


・エジプト建築のようだな。


・古来中国からあったものだよね。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (13)

ないよ
中国のはせいぜい穴に差し込むくらいのレベル
名無しさん URL 2017-03-27 20:22

結構な強度があるんだよね
URL 2017-03-27 21:03

これは宋の代の中国から伝わって、江戸時代に和算と合わさって今の形になったものだ。中国には別の形に発展したものが残っている。
   URL 2017-03-27 21:04

石材で建築してた中国では
木材継手で高度な技術が生まれることはありえない。
中国の木材継手はごく初歩的なものでしかなかった。
774 URL 2017-03-27 21:08  [Edit]

>中国には別の形に発展したものが残っている。

簡略化されてしまいには消えた物を残ってるとか意味不明
てかこの人現代の中国が文化の継承に失敗してる、または意図的に断絶した国って事を理解してないみたい
バブル以上のオッサンに多い中国4千年を真に受けてる可哀想な人かな
名無しさん URL 2017-03-27 21:11

音楽含めて楽しい動画だった
URL 2017-03-27 21:16  [Edit]

ボルテスVを思い出した奴はまちがいなくフィリピン人
名無しの日本人 URL 2017-03-27 21:20

最後のだけわからんな
これは何をやってるんだ??溝が残るのもキモチワルイな
URL 2017-03-27 21:43

元は中国から学んだ技術だけど、
耐震強度をあげて、湿度対策をして技術を積み上げ、
耐用年数が、大幅に上がったんだぜ。だから、日本の技術!
だって、中国には残ってないじゃん。
名無しさん URL 2017-03-27 23:00

中国にもあったと言っただけで向きになるやつら気持ち悪い
名無しさん@Pmagazine URL 2017-03-27 23:06

中国にあった証拠が全くないからじゃね
名無しさん@ニュース2ch URL 2017-03-28 00:35

自分は見たこともないのに、中国にもあったことにしたがるやつこそ気持ち悪い
URL 2017-03-28 00:48

あの~中国って言う国は、100年前まで無かったんですがwww
でっせ~ URL 2017-03-28 07:33

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。