今回は面接マナーについてです。
動画では日本の就職面接で必要なマナーを紹介しています。




翻訳元
Job Interviews in Japan Are an Etiquette Minefield

How to succeed - and fail - at a job interview in Japan

That looks complicated


・自分らしくやれ。これまでで最高のアドバイスさ。


・お辞儀以外は他のどの国でもほぼ同じだな。たくさんの面接を受けたことがあるから言えるけど、遅刻をしたら、かなり上手な言い訳をする必要があるからね。


・こういうスキルは職場で仕事をする上ですごく重要なことだからだろう。


・髪の毛の色を黒に染める必要があることを忘れているよ。たぶん外国人にも当てはまるだろう。


・これを見ていると不安に感じてしまうよ。


・こういうことをやる必要がなくて僕はすごくラッキーだ。怖そうだし。けど、日本の生活に慣れてきてさえすれば、面接を受けてみる価値はあるよ。


・これじゃあ誰も日本で仕事したいやつなんていないだろう。


・2017年だし、世界はグローバル化しているんだから、時代遅れの伝統や特定の地域にある型通りのやり方を廃止する時が来たんだよ。行儀よく振る舞ったり、礼儀正しさを示すことは当たり前だけど、正直、それだけでは不十分だね。


・これが日本の労働者に個性や創造性がない理由の1つなんだな。みんな同じ行動をするし、スーツを着た軍隊だよ!


・すごく疲れそうだ。


・日本の会社で仕事をするくらいなら家で寝ていたほうがいい。


・要するに、軍隊のようなものだよね。お断りだ!


・新しい何かを学んだよ。


・重要なことが1つ抜けているね。許可が出るまで座ってはダメなんだよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加