今回は片付けについてです。
近藤麻理恵さんの本「人生がときめく片づけの魔法」を読んだことによって、物を捨てたり売ったりし、部屋をきれいにしておくようになったことを紹介しています。
翻訳元
[Story] I was messy and disorganized two months ago. I got very motivated to keep my house clean after reading a Japanese book about tidying.


・独身には良い本だよ。子供のいる家族向けではない。


・3時間、自分の住んでいるアパートを掃除したんだけど、捨てるものが4袋分になったよ。何が必要でそうでないかを知ることができてのは気分が良いね。


・シンプソンズの「Pork and Burns」の回でやっていたね。


・こんまりは素晴らしいね。偶然、YouTubeで見つけたんだけど、彼女の畳み方で服を畳むのところが気に入ったんだ。それまでは面倒な雑務だと感じていたからね。まだやっていないんだけど、おそらく時間が空いた次の時にやってみるよ。


・たくさんの人がこの本を読んで人生が変わったというのを聞いたことがあるよ。個人的には、数章を読んで飽きてしまったけど、アパートや限られたスペースに住んでいる多くの人なら読む価値があると思う。


・できるだけシンプルに生活することがどれだけ重要なのかをいつも強調しているんだ。


・物が少なければ少ないほど、良い事があるんだね。


・やってみるよ。僕は、ずっと散らかりっぱなしで、必要のないものを取っておく人間だからね。


・今から6か月後にどうなっているのか聞いてみたい。


・これを読んでいたら、大掃除しなければならないなと思うよ。


・ドロップボックスに保存していた必要のない写真を全部削除したんだ。この投稿のおかげで、3GBほど空き容量が増えたよ。


・このスレッドを見ていたら、数年前に母がその本を読んているのを思い出したよ。今でも持っているかどうか聞いてみたら、持っていたので貸してくれたよ。


・3年前にこの本を見つけたけど、本当に僕の人生が変わったよ。見つけることができて嬉しいよ。


・この本を読んで後悔しているよ。色々と入れ替えなければならなかったから大量の物を捨てたんだけど、結局のところ、必要だった物があったということなったんだ。その当時、その本を読む必要がなかった・・・。


・物を全部捨ててしまえば、きれいにしておくのはとても簡単さ。ぐちゃぐちゃになることはないよ!
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加