今回はくるくるコイン募金箱についてです。
1980年代にアメリカで発明されたもので、その1つが現在、航空科学博物館にあります。
*日本のものではないですが、動画で紹介されているのが航空科学博物館だったので。

Vortex coin bank slowly defying gravity.

9GAG Labさんの投稿 2017年5月5日




翻訳元
Vortex coin bank slowly defying gravity.


Great idea to get more tips or donations


・これをやって、たくさんお金がなくなった。


・なぜか見ていて不安に感じるんだ。


・マクドナルドのお店にあったな。何か良いことが起こることを期待して待っていた。


・貯金箱としてほしい。きっとお金を貯めることができるわ。


・こういうトイレがほしいよ。うんこがぐるぐる回っているところを見ることができるからね。


・見ていて、すごくイライラする。


・コインが中に入る前に掴めば、無限に楽しめる。


・税金を払っているかのようで、ゆっくりお金が吸い込まれていくのを見ているよ。


・これ覚えている?大好きだったなあ・・・どうしてこれがもうどこにもないんだろう?


・コインが落ちる前にキャッチするという挑戦がある。


・80年代から存在しているよね。マレーシアにもたくさんあるし、他のどのアジアの国もあるから、大したことではない。


・中国人がこういうのをパクるのに20年かかるよ。


・両サイドから同時にコインを入れたらどうなるんだ?


・人によっては新しいものと感じるのか?


・募金箱は20年ほど前から、いろんなところにあるけど、この日本にある募金箱は新品のように見えるな。






自分の国にあるというコメントもありますが、全体的に懐かしんでいる感じのコメントが多かったです。
子供のときに見たとか、やったとか。
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加