今回は金輪継についてです。
木造建築の継手の1つで高い強度をほこります。
How To Cut A Japanese Scarf Joint (Kanawa Tsugi)







・これは僕が角材を繋ぐときに使った継手だ。日本でお寺で作業する日本人大工からこれを学んだんだけど、見た中では最も強度のある継手だよ。何百年か、おそらく何千年もの昔からこういう継手を使った建物があるんだ。


・この動画を見ていると、難し過ぎて誰にもできることではないような感じがするよ。自分がやったとしても、間違うことができないというプレッシャーで気が狂ってしまうだろうなというのがわかるよ。


・オーストラリアに来て僕の家を建ててくれ。それか正しいやり方を示して。こういう日本風が気に入った。


・日本の職人たちがこれを見て、これこそ継手だと言うだろうね。


・すごい動画だ。見るたびに作りたくなってくるからね。


・感動した!この継手は展示されるだけの価値がある。


・本当に素晴らしいよ。職人の中の職人だ。こういう角材はものすごいお金がかかるのに違いないよね。


・やっている作業がいいね。イギリスにいてくれればね。そうすれば、弟子になれて最高なのに。


・あなたは私の神だ・・・それはもう、木の神様だ!


・継ぎ目がきれいだ。シンプルで美しいところがいいね。


・素晴らしい。これが完成するのが待ちきれないよ。美しい芸術作品になるだろう。


・この継手は気に入ったよ。今まで見たことがなかったからね。いいよ。


・見た中で最高の継手の動画。できそうな感じがするよ。


・これまで見た中で最も美しい継手だ。プロジェクトでこれを試してみたい気になるよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加