「日本の家電量販店のきちんと陳列したマウス」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 
  • ホーム
  • »
  • »
  • 未分類
  • »
  • 「日本の家電量販店のきちんと陳列したマウス」海外の反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の家電量販店のきちんと陳列したマウス」海外の反応

  •  投稿日:2017-05-20
  •  カテゴリ:未分類
今回は商品の陳列についてです。
写真では家電量販店のマウスがきちんと陳列しているところが紹介されています。
*どこの家電量販店かはわからなかったです。
A proper mouse display (found in Tokyo)


翻訳元
A proper mouse display (found in Tokyo)


・選択肢が多すぎる!どうやって1つを選べばいいんだ!?


・アメリカとは違い、日本人は文化的に物をどう大切に扱うかをわかっているし、展示品をゴミにしないから、こういうようなことをやることができるんだろうね。


・置いてあるマウスはトイレ以上に細菌がついているに違いないな。1日にたくさんの手が触っているからね。


・ドイツも同じようにこうやって並べているけど、この写真のように選べるだけのこれほど多くのマウスは置いていないな。キーボードも同じようにあるよ。


・食料品店にあるコーヒー豆を並べているかのようだよ。これは単なる東京版だな。


・ここにあるマウスは展示品の台にくっついているのか、取り外せるのかと思うんだけど。


・オーストリアもよく似たような展示をしているのを見かけるけど、こんなに多くのマウスはなく、6~10個くらいだね。


・ちょっと待て。これって普通じゃないの?スウェーデンのどのお店も、お試しできるようにマウスを売っているよ。


・ヨドバシカメラのようだね。数週間前に東京にいて、たくさんこういうお店に行ったんだけど、すごかったよ。ベスト・ベイのようだったし、7~8階くらいまでのフロアが電化製品を扱っていたよ。


・マイクロセンサー付きの新しいマウスの展示品のように見える。


・日本人は散らかしたりしないだろう。


・このお店がすごく気に入った。マウス、キーボード、ヘッドホンなど商品全部をそれだけを専門に扱い、試すことのできる展示品が置いてあるからね。秋葉原にある素晴らしいボードゲーム店のロール&ロールもそれに近いところがあるよ。

・こういうような置き方でキーボードのコーナーがあったら、気を失ってしまうだろうな。


・90年代のベスト・バイの家電量販店を思い出す。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (8)

キーボードも並んでるだろ
URL 2017-05-20 20:26

ドイツ、オーストラリア、スウェーデンは量はともかく日本と同じ様なやり方みたいだし
やっぱすぐ壊されるというアメリカがおかしいんだな
名無しさん URL 2017-05-20 21:09

いい加減キーボード陳列ネタも定期化してきたな
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-20 21:46

で?
URL 2017-05-20 21:48

>トイレ以上に細菌がついているに違いないな。1日にたくさんの手が触っているからね。

後で手を洗えば済む話だろうに
家などと違って飯食いながら触るわけでもなしw
何が問題なんだろうか
ああ吊り革触れないタイプかw
URL 2017-05-20 23:08

うんこして 両手につばをペッペッて吹きかけてからからマウス キーボードを試すことにしてる^^
URL 2017-05-21 02:34  [Edit]

それほど綺麗に並んでいるとは思わない。
外国よりは綺麗に並んでいるのかな。
URL 2017-05-21 20:06

まあ普通の神経してたら元あった所に戻すわな。
たまに違う所にあってイラッとするということは
きちんと戻してあるのが当たり前になっているということだ。
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-23 11:33

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。