「日本では学校で健康的な料理の作り方を教わる」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本では学校で健康的な料理の作り方を教わる」海外の反応

今回は学校の教育についてです。
日本では学校で料理の作り方や給食の準備など食の教育がありますが、アメリカでは1年間に3,4時間しかありません。

Japan's school lunches put America to shame.

ATTN:さんの投稿 2017年5月21日



翻訳元
Japan's school lunches put America to shame.


・ミシェル・オバマは学校給食の改善をしようとして、できるだけのことはやったんだけど、トランプがそれをすでに廃止したからね。


・アメリカでは生徒たちはミシェル・オバマが提唱したクソみたいなものを食べなければならなかったんだぞ。


・子供たちに教えるのは学校ではなく両親の責任だよ。


・家庭科の授業があるドイツの学校に行っていたけど、それほど多くのことは教わっていないよ。両親が見せてくれたり、独学で学んだりしたからね。最初から生徒たちにドイツ料理の作り方を教えたりもしているし、たくさんの生徒たちは楽しんでいるよ。


・私たちが食べるもの全部にブドウ糖果糖液糖が入っていなければ、肥満は減るわ。


・学生時代はもっと脂肪の多い食べ物をたくさん食べたけど、70年後の今でも生きているよ。


・体に良い料理は費用がかかりすぎるし、料理するには時間がかかりすぎるわ。ピザなら電子レンジでチンさえすればいいからね。


・だから私は子供たちにお弁当を持たせているの。学校給食はゴミみたいだからね。


・子供たちに料理を作る授業で作ってもらったことがあるけど、そこでは鼻をほじったりお尻をかいたりするのがたくさんあったよ。日本ではそういうのがなくていいのかもしれないけど、きれいな料理を食べたいわ。


・アメリカの子供たちが肥満になっているのは給食のせいだけではないよ。お家では全部揚げ物だったり、マクドナルドやバーガーキングなどに食べに行ったりするから。


・オーストラリアでは両親がやるべきことだからら昼食を毎日作っているよ。子供たちに食事を与える教育制度を信頼していないからね。


・昔は家庭科は両親がお家で教えていたものだったけど、今は両親が共に働いていて時間がないからね。それでもお家でできる、かけがえのない時間というものがあるし、家庭で教える方法があるよ。


・きっと日本の子供たちは授業や学生時代が長いからだと思うわ。それを考慮したほうがいいね。


・日本の家族がアメリカに引っ越したら、体の構造が変わりアメリカ人のようになるだろうね。
 
スポンサード リンク
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (27)

家で手伝ってないと覚えないわな
学生時代調理実習で女子が全然できなくて男子二人が主導するという創作みたいなことが起きたぞ
URL 2017-05-23 21:00  [Edit]

家庭科の調理実習は、別にアメリカ人的健康志向のベジタリアン料理とかやるわけじゃないんだが
なんか根本的に勘違いしてそうで怖いわ
名無しさん URL 2017-05-23 21:00

どうせアメリカ人にはできないだろうから今まで通り冷凍食品をうまいうまい言って食ってりゃいいんだよ
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-23 21:04

アメリカ人が暴力的なのも食生活が原因。
URL 2017-05-23 21:06

実際アメリカ暮らしのアジア系は体型もっさりしてるよね
URL 2017-05-23 21:12

アメリカの親世代は食育なんて受けてないんだから
自分たちの子に食育なんてできるわけがない。
もう手遅れなんだから、公的な力が介入するしかないんだけど、
それって、「アメリカ的自由」に反するとかナントカで反対するだろ。
どうしようもないよ。
URL 2017-05-23 21:34

家庭科の授業だけで料理が上達するわけじゃないし栄養学も身につかない
結局は家庭で料理するかしないかだよ
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-23 21:42

料理だけじゃなくて縫い物とかもやるんだけどね
URL 2017-05-23 21:45

家庭で身に付けるのが理想的だけど
親がダメだと身に付かないから
学校で経験をさせておいた方がいい
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-23 22:18

> アメリカの親世代は食育なんて受けてないんだから
> 自分たちの子に食育なんてできるわけがない。

正にコレ
全く同じこと書くつもりだった
URL 2017-05-23 22:22

アメリカって両極端だよな
栄養・カロリーなんてこだわらない人種が多い一方、偏狭的なヴィーガンみたいなのもいるw

URL 2017-05-23 22:33

食品実験の国がアメリカで、国民は実験材料。
今後も情報は必要なので、アメリカ人は今のままガンガン食べまくってくれ。
  URL 2017-05-23 22:34

家庭科の授業以外では一切料理をしないまま高校大学と卒業して
実家出た後授業以外で記憶を頼りに、初めて米炊いたり味噌汁やカレー作ったりした時は何も問題なかったぞ
学校の授業だけでもなんとかなる
URL 2017-05-23 22:35

共働きの弊害で女が家事を苦手ということが普通にあるからなあ
家庭科で料理がうまい女の子の方が稀。まじで出汁とか捨てる子もいたし
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-23 22:50

食べ物は生死に直結するのに
学校では家庭任せでろくに教えないなんて変なことだよね
URL 2017-05-23 23:02

共働きの時代なんだから、料理が女がやるべきって考えやめない?
むしろ料理できる男の人って結構モテると思うんだけど。かっこいい〜って。
URL 2017-05-23 23:34

学校教育でどうこうよりも社会全体のモノが大きいと思う。
それにアメリカ人が比較するべきは人種が同じフランスやイタリア辺りだよなあ。
名無しさん URL 2017-05-24 00:35

学校よりもテレビの3分クッキング的なもののほうが役立っている。
名無しのかめはめさん URL 2017-05-24 04:41

料理の授業内容を覚えてなくても体験するってことが大事なんだと思うよ
URL 2017-05-24 05:35

アメリカの学校は冷凍食品メーカーが金を出してるから、給食制度を変えられない。
しかも、大型スーパーが小さな街の店を駆逐してしまったので、車で買い物に出かけられない低所得層は近所のコンビニみたいな店で冷凍食品を買うしかない。
結果、貧乏人になればなるほど、舌が馬鹿になって、ブクブク太っていく。
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-24 05:57

平均時間で見ると日本の生徒の学校にいる時間は他国と比べて特別長くないぞ
URL 2017-05-24 07:37

小学校の調理実習で覚えたのは、マヨネーズのつくり方で「乳化」
野菜を油で炒めると、栄養の吸収がよくなるってこと
あとまな板を洗ったあと、天日干しにすることで菌の繁殖を抑える事
URL 2017-05-24 11:06

>共働きの時代なんだから、料理が女がやるべきって考えやめない?
>むしろ料理できる男の人って結構モテると思うんだけど。かっこいい〜って。
女だからとかじゃなくて一緒に暮らす相手として料理できる奴とできない奴がいたらできる奴選ぶのが普通だろ?
料理に限らず選ばれる自分になる為には日々精進しないと
URL 2017-05-24 22:28

小学校の家庭科の時間に同じ班の女子に包丁を渡すように頼んだら放り投げてきて先がわずかにエプロンに当たったわ
たまたま先生が見ててめちゃめちゃ怒られて泣いてたなそいつ
どうやら悪気は全くなくてナチュラルに渡したつもりだったらしい
バカって怖い
URL 2017-05-24 23:42

料理ができる出来ないは置いといて
日本人なら緑黄色野菜だの穀物だの知識として習うし普通は知ってるじゃん
アメリカ人とか一部の意識が高い人以外はそういうことすら知らないレベルだぞ
名無しさん@Pmagazine URL 2017-05-25 09:15

外国人コメの、学校で教える国が家庭では教えないという方程式はどこから出てきたんだ?
URL 2017-05-25 14:36

他の国は愚民化計画が著しいからな。
白人や黒人なんて変な知恵つけさせてもしょうがないし
URL 2017-05-27 09:00

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。