「阪急嵐山線の電車の座席」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「阪急嵐山線の電車の座席」海外の反応

今回は電車の座席についてです。
動画では阪急嵐山線の電車の座席をひっくり返しているところを紹介しています。
Japanese Trains

Train seats in Japan.. 🙌👏

UNILADさんの投稿 2017年5月30日




翻訳元
Train seats in Japan..


・シドニーで初めてこういう座席を見て驚いたのを覚えているよ。


・この座席って本当にあるの?めちゃくちゃ効率的だよ。見たものが信じられないね。


・京都嵐山の阪急電鉄だよね。嵐山は京都の素敵な場所だし、すごくおすすめだよ。大阪から京都まで友達とおしゃべりするのもいいしね。


・日本の電車にあるこの座席は大好き。進行方向と逆に座るのは嫌だから、ひっくり返すだけでいいからね。


・インドだったら座席の真ん中の足を置くのところに2人分座れるようにするだろうね。


・すごくいいわ。どうして電車全部がこういうのではないの。


・飛行機もこういう座席にするべきだよ。


・日本でこの電車に乗ってたくさん楽しんだ。


・メルボルン行くこういう電車があればなあ。


・私たちの国の電車にもあるけど、これほど素敵な座席ではないし、楽しめないよ。


・オーストラリアの電車もこういう座席があるから、おそらく他の国にもあるんじゃない。それでも日本に行ってみたいけど。


・アメリカにもこういう座席をした電車があるから大したことではない。


・僕たちの国では座席を取り除こうとしているんだけどね。


・1日中見ていられる。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (10)

>京都嵐山の阪急電鉄だよね。

阪急嵐山線を京都嵐山の阪急と言うのは違和感あるな
名無しさん URL 2017-05-31 21:18

阪急京都線の特急は転換クロスシート。特急料金は不要。京阪特急もそうだけど、一部有料車両がある。関西の私鉄で特急料金を取っているのは近鉄(全車有料)と南海(サザンの自由席は無料)。
商人国家 URL 2017-05-31 21:35

嵐電がクロスシート導入したのかと思った
URL 2017-05-31 21:49

電影クロスゲージがオープンになったかと思った。
タキオン粒子は今日も絶好調
URL 2017-05-31 22:04

京都嵐山の阪急と言えば、普通に桂から松尾大社へ行く電車だなと、静岡の田舎者の自分でも判るな。
四条大宮や北野白梅町から出てる電車はまさか想像しないよ。
URL 2017-05-31 22:07

「京都嵐山の阪急電鉄」だと、京都嵐山の大阪急行っていってるのと同じだからね
やや違和感
名無しさん URL 2017-06-01 00:18

おいおい、これが海外で受けてるってマジか?!
阪急のこの転換シート、42年前の6300系の時からからあるぞ。。

こんなんでびっくりしてたら、運転室からスイッチ一つで全席自動転換してるところ見たらチビるんじゃね?!
なーんつって。
URL 2017-06-01 02:04

嵐山の駅のほうに感動しなかったんだろうか?
着物の円柱みたいなの綺麗よ
URL 2017-06-01 09:48

>京都嵐山の大阪急行…

阪急がどこ通ってるか知ってる人なら、そんなおかしな発想しないよ。
大阪急行?北大阪急行のこと?千里中央から江坂へ出てる電車が嵐山へ
行くと思ったの?地元の人じゃないでしょ?自分静岡県人だけど、嵐山は嵐電か
阪急がアクセスする鉄道なのは知ってるよ。阪急は京都線の桂駅から出てるし、
嵐電なら四条大宮か北野白梅町から帷子ノ辻で合流して、嵐山へ行くようになってるよ。
URL 2017-06-01 14:33

ちなみに「阪急電鉄」の元の社名は「京阪神急行電鉄」、戦前は「阪神急行電鉄」。 「阪急」の略称は阪神急行に改称した大正時代から。(阪神急行の前の社名は「箕面有馬電気軌道」略称は「箕有電車(きゆうでんしゃ)」)



URL 2017-06-02 09:58

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。