今回は日本のことについてです。
日本でイラつくこと15個を紹介しています。
(*動画主が思っていることです)

・ハンコ
・銀行の閉店時間
・ATM(一部使えない時間帯や手数料)
・服のフリーサイズ
・包装が多い

・メニュー以外のものを注文しない(具材を抜いたり変えたりなど)
・現金のみでカードが使えない
・和式トイレ
・居酒屋の突き出し
・タバコの分煙

・お土産文化
・バリアフリー(階段の手すりやエレベーターがなかったり、バスの段差があったりなど)
・店員の接客(声のトーンが高過ぎたり、1人で見たいのに関わってくるなど)
・スペルミス
・住居の賃貸の敷金、礼金
15 Annoying Things about Japan.. (sorry but not sorry)






・買い物をしているとき、女の子の店員がついてきたのは不快だったわ。


・どの国も完璧ではないから、どこに住んでいようと、良いところもあれば悪いところもあるよ。


・イタリアにもコペルトと言う突き出しがあるんだ。管理コストでカバーすればいいのに。


・フィリピンではお土産をパサルーボンと言うけど、高いものにする必要はないよ。


・いつもおしっこの臭いがするから、できることなら和式トイレは避けているよ。


・どこも同じだと思うけどね。ハンコはサインよりもすごく安全だと思うよ。指紋スキャンほど安全ではないけど。席料はダメだけどね。


・5番目(包装が多い)のは知っている。日本に住んでいたとき、それがイラついたからね。包装している中に包装していて、その中もまた包装しているから、わかるだろう。


・ブラジルの銀行も16時以降や週末は開いていないし、ATMも深夜以降は使えないからね。振込みも同じくできないから、それがすごく不満。


・階段の手すりについては残念だとは思うけど、平屋の建物を建てるスペースはほとんどないんだよ・・・。


・礼金はアメリカのsecurity depositのようなものか。


・3時に銀行が閉じるのが良くないと思うのなら、トリニダード・トバゴは2時に閉じるんだぞ。週末はやっていないし、特に月末、行列はいつも酷いものだからね。


・僕の国でもすごく早い時間に銀行が開くし、週末は開いていないんだよ。それが嫌だね。


・16番目に日本のコンサートや公演を観るのに抽選というものを加えることができるよ。


・ノルウェーもこの銀行の問題があるよ。最も欠陥のあるもので、誰も銀行に行けない時間に開店し、仕事が終わったときに閉店するからね。それをやって何の意味があるんだ?


・ポルトガルのバスを見てみるべきだ・・・。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加