槍術の演武に対する海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

槍術の演武に対する海外の反応

今回は槍術についてです。
動画では武道館で行われた槍術の演武が紹介されています。
Samurai Spear Fighting in Armor - Sojutsu 槍術





・思っていたものではなかったけど、面白かった。


・槍がいかに柔軟だったのかを見て驚いたよ。硬い木材のようなもので作られているのにも感動した。


・鎧を着て戦っているけど、接触が全くない・・・。ちょっと要点がわからないと思わないかい?


・中世盛期のヨーロッパの騎士と槍を持った侍の戦いを見てみたい。


・刀は槍に対してちょっと無力になるのは知っているけど、野太刀だとどうなの?


・素晴らしいデモンストレーション。いろんな技術を使っているところをとても簡単にはっきりと見えるからね。よくやった。


・悪口を言ってしまうと、これは単なるデモンストレーションだし、もし本当の戦いなら、すごいスピードで動いて彼らの動きは全く見えないだろう。


・木の棒で戦った子供のときを思い出す。


・これは何だ?すごく酷いリハーサルのようだ・・・。


・これはパフォーマンスだからな。実際の戦争では反射的にやるだろうし、術というのは戦うということよりも、純粋な技術を意味しているからね。


・棒を持って侍になって遊びたい人だけだよ。


・あの重い鎧を着ているから動きが遅くなるんだな・・・。


・面白い事実として、1,7mよりも短い槍は役に立たない。


・中世のヨーロッパ人の戦い方のほうがもっと効率的だったと思う。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (13)

まあ演武だしね
観てて面白くはないだろう
外人は派手な動画だけ観ればいい
URL 2017-07-24 21:19

武術を無くすとそんだけ見る目がなくなるもんなのかな
URL 2017-07-24 21:39

なんかしょっぱいな、管槍の演舞は迫力あったけどなあ
URL 2017-07-24 21:48

外国には型とかないの?
URL 2017-07-24 21:53

なんだぁ・・・てめぇ・・・
URL 2017-07-24 22:08

これは宝蔵院流かな?
本来の槍は集団戦で威力を発揮する。
密集陣形をひいて、全員で息を合わせて槍を上から下へ叩くのが戦国時代の作法。
個人が槍を持っててもあまり意味がない。
URL 2017-07-24 22:31

貫流の管槍の動画おすすめ。
最強の槍。
URL 2017-07-25 00:03

まあ、槍術型だとしてもちゃんと動けてないからね…
この動画かと思ったらこの動画だった
  URL 2017-07-25 00:30

ブラジルの刑務所で囚人がマチェーテ持って
本気で喧嘩してる動画の方が迫力あるなw
URL 2017-07-25 01:49

横向きに刃が付いてる槍って凶悪なんだよな
名無しさん@Pmagazine URL 2017-07-25 04:49

戦闘では反射的にやるからこそ基礎の型が大事なんだよな
名無しさん URL 2017-07-25 07:32

剣術でもそうだが、いわゆる型の演武はたんなる導入口。
実践で使えるようになるまで徐々に高速化して初めて実用的になる。
現代で普通にいう型の稽古は、ただの型の学習にすぎない。

だから昔の剣術では、試合でもないのにケガ人が出た。高速化のタイミングが悪くて、殴ってしまったり殴られたりしたから。寸止め約束稽古で当ててしまうのと同じ。

柳生では、だから型稽古も竹刀でやったという。
それでも十兵衛は家光をぶちのめしてクビになったwww


名無しさん@Pmagazine URL 2017-07-25 09:01

>これは宝蔵院流かな?
>本来の槍は集団戦で威力を発揮する。
数鑓と持鑓で違うだろうに。
鑓術習っていた人が使ったのは後者だろう。
名無しさん@Pmagazine URL 2017-07-25 11:33

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。