今回は映画館についてです。
海外と比べて日本の映画館は違いは何なのかについてコメントがあります。

What differences have you noticed in the movie-going experience at cinemas in Japan compared to cinemas overseas?

Japan Todayさんの投稿 2017年8月4日



翻訳元
What differences have you noticed in the movie-going experience at cinemas in Japan compared to cinemas overseas?


・東宝映画館でフライドチキンを買うことができることだね。スウェーデン、イギリス、アメリカの映画館に行ったことがあるけど、買えないからさ。


・食べ物は美味しいけど、チケット代がかなり高い。


・日本人はいつもエンドクレジットが流れている間でも留まっているよね。


・日本の映画は日本語だけど、アメリカの映画は英語なんだということに気づいた。


・エンドクレジットの間もそのままいるし、大声でリアクションもしないね。食べ物も高くない。少なくとも、アメリカとは比べていないけど。


・海外の映画でアニメはない。


・1983年に日本の映画を観たけど、その当時、チケット1枚で映画3つ観たよ。


・日本人は映画館に1人で行くよね。友達も彼氏も彼女ないし、本当に1人で。僕の国ではそれは珍しいことだよ。


・日本人の観客は面白いシーンがあっても滅多に笑わないよね。その面白い瞬間はみんなから外されているような体験だった。


・面白いところがあったとき、実際に笑っていたのは僕だけだったんだよ。きっと字幕に夢中だったんだろうね。


・ビールを出してくれるところだね。劇場内の雰囲気も素晴らしい。


・10~15分のインターバル(短い休憩時間)がない。


・床にゴミを捨てていかないし、上映中に携帯を使ったり、映画のことで話したりしないところ。


・明かりがつくまでは、その場に残っているね。それに静かだから、すごく不気味な感じがするし、お化け屋敷にいるのかと思ってしまうよ。


・アメリカのポップコーンのサイズのほうがわずかに大きい。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加