今回は計算問題についてです。
小学生レベルの計算問題が紹介しているのですが、この問題が1990年代生まれの日本人技術者の60%しか解けなかったという記事内容になっています。

You might have to think twice.

Wikr Dailyさんの投稿 2017年8月14日




翻訳元
You might have to think twice.


・学校で数学が嫌いだから、今はもうそれで頭を悩ませたくないわ。


・4かもと思ってしまった。


・1だ。計算の順番を忘れるな。最初に割り算を計算するから。


・説明しているところを読んだけど、くだらないと思ったよ。


・まあ、3ではないよな。


・新しい世代になっていくにつれて馬鹿になってきている。すごく悲しい。


・答えは1にしかならないだろう。


・最初に割り算をやれば1になる。


・数学の勉強をやり直すわ。


・この新しい数学をどう解けばいいのかわからない。自分のやり方だと3なんだ。


・小学校の算数。1だよ。


・計算の順序に従えば1になる。誰かが言っているような、他に方法はない。何十年も同じ方法だ。


・答えが9になってしまって間違えてしまった。


・なぜ答えは3ではないんだ?


・答えは1だけど、どの科学者もこれができなくても困ることがあるとは思えない。


・俺は正しく理解できなかった。


・なぜ数学の問題に、こんなにたくさん違う答えがあるんだ。


・計算の順序の決まりは決して変わらない。答えは1。掛け算や割り算をやり、それから足し算や引き算をやるんだ。問題はあまりにも多くの人が計算器に頼りすぎているところだろ。


・誰も気にしないだろう。僕は銀行口座にあるお金を数えれるから。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加