今回はフィギュアスケートについてです。
カナダで今季初戦となるオータム・クラシックに出場している羽生結弦選手はショートプログラムで112・72点を出し、自身の持つ世界最高得点を更新しました。
HD. Yuzuru HANYU (NEW WR!!!) SP - 2017 Autumn Classic International





・結弦が112・72点を取ってショートプログラムの世界記録を更新した!結弦大好き!


・ユズ、君は最高だ。赤ちゃんのように泣いてしまったわ。良いスケートをして安心させてくれてありがとう。素晴らしいシーズンを楽しみにしているよ。健康に気をつけて。


・世界記録でさえも驚かなくなってきている。こういうようにして毎週、世界記録を破りそうだ。


・新シーズンの最初の大会で新しい世界記録か。


・彼は怪物だ。最高の形で表れたからね。怪我をしていても素晴らしかった。


・どういうようにしてオリンピックで1位になろうとするんだ?


・なぜ多くの人が過去のプログラムを選んだことに疑問に思っていたのか理解できなかったよ。今、何か言うことはないの?これは完璧に理解して慣れ親しんだプログラムで、だから世界記録を作ったんだよ。


・これでも実に見事なプログラムだし、結弦のことを知っているのなら、シーズンに入った後にさらに良いスケートを滑るからね。


・彼のスケートを見るのに夢中になり過ぎてしまい、コーヒーが冷たくなってしまった。美しいスケートを見せてくれてありがとう、ユズ。それと新記録、おめでとう。明日のフリー、ガンバッテネ。


・すごいわ。4回転ループを回避したんだけど、それでも前の世界記録を破るとは。簡単そうにやってのけたし。


・これが1つ落としたバージョンだというのが信じられるか?痛めた膝の影響で4回転ループができないのに・・・。フリーで4回転ルッツをやりそうな感じがけど。


・非常に美しい。新たな世界記録を作るとは。すごく簡単にやったね。


・まだ状態のピークに達していないことを祈ろう。


・氷の上で羽があるかのように浮いているようだったよ。滑らかで優しく、音楽に良く合っていた。
 
スポンサード リンク
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加