今回は出国税についてです。
日本政府は2018年度の税制改正で日本から海外へ行く人に1人1,000円の出国税を検討 しています。

Set aside a few coins for your next trip.

ジャパンタイムズさんの投稿 2017年12月2日(土)



翻訳元
Set aside a few coins for your next trip.


・これってきっとオリンピック向けだと思う。


・どの国も海外に行く日本のパスポート所持者に1,000円相当の税金を課してみては?そのほうが公平だと思うけど。


・私たちには影響ないわ。もっともっと高くても。


・簡単なことさ。俺は日本から出国しない。


・すごく少額だよ。日本に行く余裕があるのなら、ほとんど気付きもしないだろう。


・日本語でどう言うんだ。Pecunia non olet(金は臭わない)


・“観光促進”って最近では不法な利益と言うだろう?


・毎回、タイの出国税が嫌なんだ。現金で払うのが苦痛さ。


・1980年代の一時期の間で現金で支払う2,500円の出国税があったよ。そのときからチケット代に入っているのかと思い込んでいたわ。


・オーストラリアでは70年代後半からいろいろな形でこれをやっているよ。今ではPassenger Movement Chargeと言って、約55ドル払うんだ。1,000円は安いとは思うけど、日本を出国するときに、すでに何か航空料金に組み込まれていると思ったいたよ。間違っているかもしれないけど・・・。


・日本ではまだやっていなかったの?


・私が住んでいるハイチも最近に似たような法律が通ったわ。


・8ユーロか。すごく安いし、このことで不満を言えるのか?それが気に食わないのなら、日本に行くな。


・東京には観光客向けの免税店があるからね。消費税を払うのと比べたら、お得のように思えるわ。


・これはビザで日本に滞在している外国人が日本から海外へ旅行する人も含まれるの?
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加