瓦屋根に対する海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瓦屋根に対する海外の反応

今回は瓦屋根についてです。
動画では瓦屋根が紹介されています。
Japanese Tile Roofs






・こういう瓦屋根は世界で1番美しい屋根だといつも思うんだ。美しい瓦だよ。個人的な意見として、現代建築とは比較にならないよ。



・動画の5:00のところは本当にすてきだよ。



・日本建築はお気に入りで、屋根瓦が気に入ったよ。お金持ちだったら、ほぼ間違いなく自分のためにこういう家を作るだろうね。



・ものすごく高いに違いないね。



・屋根瓦は消えていく技の1つだと思うよ。屋根瓦の建築の仕方を学んでみたいね。



・日本にいたとき、印象に残ったことの1つは青色の屋根瓦でした。太陽光で屋根瓦が輝いていて、不思議な感じでとてもすてきでした。今までに見たことがなかったです。



・屋根瓦は印象に残るね。これは面白いと思ったよ。



・こういう屋根のあるお城を持ちたいよ。



・日本は地震や台風の中心地だから重たい屋根の家を作るべきなのかな?それと多くの人は日本の家について断熱性が欠けているという不満を言っていますが、日本は湿度が高く、家の中でカビが生えるの好みません。だから、伝統的に空気の出入りのある家を作るのです。日本は住むのには苦労する場所です。



・屋根瓦大好きです。ニューメキシコ州では太陽でアスファルト製品が焼けてしましますが、瓦は長年持ちこたえられますし、それにきれいです。



・どうやって家の屋根にカーブをかけているんだろう?この部分が1番驚くところだと思います。



・日本の異なる地域ごとに独自の瓦形式があると聞いたよ。



・すべての細かいところを含めて日本の屋根が気に入ったよ。



・侍の時代に戻ったとしても日本はとても進んでいるね。



・古いお寺の屋根を見るたびに忍者がどこか隅に隠れているのではないかと想像してしまうよ。



・屋根の鎧だね!



・こういう古くて重い瓦はすごいね。現代の瓦は地味でつまらないね。



・空手チョップトレーニングで使われているよね。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (39)

瓦職人の知り合いいるんだけど
311の後で仕事がいっぱい来たけど
下地に使う粘土の工場がやられたおかげで
ブルーシートで応急処置する仕事ばっかになったそうだ
名無しさん URL 2013-06-26 08:50

同僚の家が311ん時瓦が吹っ飛んで大変なことになってたなぁ
いざって時のコストがキツイのが難点よね
名無し URL 2013-06-26 09:14

いや別に
瓦屋根って東欧に、下手したら北欧にもあるだろ…
  URL 2013-06-26 09:21

いや別に
瓦屋根って東欧に、下手したら北欧にもあるだろ…
URL 2013-06-26 09:22

スレートなんかは塗り直しが必要だが瓦はその点メンテナンスが楽。
ただ重いから地震のときには問題なんだよね。
URL 2013-06-26 09:24  [Edit]

瓦は、地震の時に滑り落ちて家全体を軽くし、倒壊を防ぐ役割を持ってるんだっけ?
名無しの日本人 URL 2013-06-26 09:28

試割用の瓦は全くの別物だけどね
切れ線入ってるし
名無しの日本人 URL 2013-06-26 09:43

台風がよく来るところは瓦を重くしてるんだっけ?
甍の波は綺麗だよね
広島辺りのオレンジっぽい瓦のところは特徴あると思った
良い家に見えるし
名無しさん@Pmagazine URL 2013-06-26 10:17

友達の白人が来日したとき、洋風の家ばかりでがっかりしてたw
名無しの日本人 URL 2013-06-26 10:18

立派な瓦屋根の古民家とか古くても存在感あるよな~。
問題はメンテナンスが必要なのとやはりコストかな。
でもなくなってほしくないね。
名無しの日本人 URL 2013-06-26 11:14

個人的には瓦屋根より茅葺屋根の方が好きだ。
名無しさん URL 2013-06-26 11:36

阪神大震災で屋根が俺の上に落ちてきたんだよね。
その後は屋根を引きずり降ろして瓦割りまくってたな。
何せ、余震で落ちてきたら危ないからな。
名無しさん URL 2013-06-26 12:08

鬼瓦がある家が羨ましいなぁ
家は実用性重視の釉薬の掛かったテカテカの瓦
名無しさん@ニュース2ちゃん URL 2013-06-26 12:13

・それと多くの人は日本の家について断熱性が欠けているという不満を言っていますが、日本は湿度が高く、家の中でカビが生えるの好みません。

瓦と屋根面の間に空気層があり、また瓦自体も熱を伝えにくい性質を持っているため、瓦屋根は夏の熱気、冬の冷気も屋内に伝えにくく、1年中快適に過ごせます。
名無しさん@ URL 2013-06-26 12:18

瓦って重いから家の重心が上に来ちゃって
実は地震が多い日本の住宅にはあまり向いてないって
建築士のおっちゃんが言ってたよ。
でも、見た目はとても良いよね。
URL 2013-06-26 12:20

※欄の「茅葺屋根の方が」
に同意しますw
子供の頃の家は田舎の茅葺屋根でした、梅雨に雨を吸って夏にゆっくり蒸発しながら家内の温度をさげる(上がらないが適当か)。親父は外と中では5度も違うと驚いてたなw
今は建て替えてエアコン無きゃ寝られない状態にまで加熱される。
風を切る翼二つの白鳥も翼重ねて我が身抱かん URL 2013-06-26 13:02

瓦は元々は仏教建築特有の様式として大陸から伝わったものだって聞いたことある。
だから、本来はお寺に使われるもので、次第に一般家屋にも流用されるようになったんだとか(神社には基本的に瓦は使われない)。
URL 2013-06-26 13:02

>地震が多い日本の住宅・・・向いてないって
地震で瓦が落ちまくりで家は助かったよ!
半分はずれ1/3は落下、破損し屋根修理で約40万程。
自称建築士のおっちゃんに教えてやれwww
風を切る翼二つの白鳥も翼重ねて我が身抱かん URL 2013-06-26 13:09

うちの家(築35年建売)が元は瓦屋根じゃなかったんだけど
なんかトタンではないがなんか鉄板みたいなのが張ってあって、
あれが屋根だったときは新築だから雨漏りはしないものの、
雨音がすごく酷くて、買って4~5年の頃に瓦屋根に変えた。
そしたら重さで引き戸がうまく開け閉めできなくなって
そこも改造してた。瓦ってそんだけ重いのね。
そんなんで大丈夫なのかと当時思ったが、結構大きい地震が
あった後でもとりあえずゆがまないで住めてるので大丈夫っぽい。
URL 2013-06-26 13:39

茅(藁)葺は中で火をたく生活しないとダメなんだよな。
虫が湧いたりするのを囲炉裏の煙でいぶして防いだり、ヤニで防水性が上ったり。
瓦だとそういうメンテもいらないし、なつの涼しさは圧倒的。と言ってもスタイロ100mmくらいの断熱入れたら変わらないけど。
名無しさん@ニュース2ちゃん URL 2013-06-26 15:38

東京はほとんど新築はスレートだな。
関西は今でも瓦が少なくない。
その他地方も瓦じゃないかな、詳しくは知らんけど。
URL 2013-06-26 16:03

日本の・・・と言われるのは違和感あるかな
もちろんこっちで独自に発展した技術は誇らしいと思うけど
URL 2013-06-26 16:31

日本のなんじゃね?隣の国のように宗主国云々したいのか?
URL 2013-06-26 16:37

お寺などは本瓦。これは中国から伝来。
部位によって形状が違い、重さもあるため躯体の費用が高くなります。

江戸時代に本瓦の簡略化・軽量化に成功。
これが今の桟瓦(和瓦)
防火のため幕府が推奨したこともあり、庶民にも普及しました。

桟瓦の寿命は約30年。スレートは約10年とされてます。
茅葺などの寿命は20年ほど。集落が協力してローテーションで屋根を噴きなおします。白川郷ではこのようなシステムを結とよび、現在でも残っています。

地域、屋根の素材によって、柱の太さが簡単に決められているので、屋根材だけで判断はできませんが、軽いほうが地震には有利です。

風が強い地域や、雪が多い地域では瓦は鋼線で止めるので「落下して自重を軽くする目的」はないと思います。普通に危険ですから。

本スレにある屋根の反りは時代が古いほど、大陸の影響を受け、急角度なものが多いです。
反り自体は木材を加工して、部位を組み合わせることで作り上げてます。
日本では雨が多いため、急な角度の粗利は雨漏りの原因となり、極端な反りは自然となくなりました。

大陸文化の反りとは別に、むくりと呼ばれる屋根は、伊勢神宮や、桂離宮、草庵風の茶室にも見られ、より日本らしい屋根の形状といえるかもしれません。

建築士ではないので、参考程度にどうぞ。
通りすがり URL 2013-06-26 16:49

むしろ侍の時代の方が科学以外は進んでいた。
野蛮な近代諸国家の仲間入りをして帝国主義列強と互角にのしていくためにしかたなく近代化という劣化を受け入れた面がある。
しかたなかったんだ・・・いい刺激にはなったが、明らかに教育制度は江戸時代の方がよかった。
そして教育制度は国の将来を決定するのだ・・・
日本がいずれ馬鹿ものどもに支配されて軍国主義に陥って滅びたのは近代化した時から必然的に訪れる運命だったのだ。
教育制度こそは国の将来を決めるのだ。
教育制度の本旨は、人格陶冶でなければならないといわれるのはそのためだ。
徐 URL 2013-06-26 18:07  [Edit]

地震が起きると瓦が落ちて軽くなって建物事態の崩壊を防ぐ、というのは昔から言われていたが、建築の研究者によると実際は違うらしい。
最近は手入れしなくても済むガルバリウム鋼板や性能の良い断熱材のおかげで、瓦に拘らなくてもいいというのはある。

でも広島県の賀茂郡あたりは独特なくすんだオレンジ色の屋根で統一されて、それが田園風景に広がっているので結構きれい。三州瓦とか石州瓦という種類のやつ。
URL 2013-06-26 19:04

緊急拡散
1.このままでは日本がTPPに入ります。TPPは、移民の流入・産業の空洞化・デフレなどを招く恐ろしいものです。進む先は、国柄の喪失です。
2.安倍晋三は小泉・竹中と同じ新自由主義者であり、国家解体に繋がるTPPと道州制、その他諸々の構造改革に向けて邁進しています。
3.「安倍は愛国的」?新自由主義政策は、一見愛国的なパフォーマンスと同時に行われます。
4.民主党政権時、TPPに反対した「自称保守」の面々は、安倍支持のために転向しました。
5.参院選で捻れを作れなければ、自民党は売国政策を難なく実現し、長期的には国の枠組みが崩壊します。日本人は原住民の扱いになります。
6.参院選の争点はTPPのみです。安倍氏は極めて対米従属姿勢の強い政治家であり、対米従属の政権が憲法をいじると余計ひどいことになります。改正草案がこっそり色々改悪されています。
7.国民が一丸となって反対しなければ、この流れがとまりません。拡散してください。選挙は共産党やみどりの風など、TPP反対の党に投票してください。
嫌いな党であっても、TPPを回避できれば、国家は存続できます。

以下が参考になります。他にも、安倍政権による国家解体の危機を訴える人がたくさんいます。

言論人・評論家
中野剛志などの著作・動画・メルマガ

ブログ
正党
ttp://ameblo.jp/masato1982/
ポン吉のブログー反TPP宣言ー
ttp://ameblo.jp/ponkiti-2013/
ぼんたろーのブログ
ttp://ameblo.jp/bonbon331/
WJFプロジェクト
ttp://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/
まさか、右翼と呼ばないで!
ttp://politiceconomy.blog28.fc2.com/

ツイッター
ハバキリ
ttps://twitter.com/CYHbyAH

動画
在特会福岡支部 沢村


以下は信頼してはいけません

チャンネル桜・三橋貴明・西田昌司
(TPP・新自由主義反対の立場をとりながら新自由主義者の安倍氏を支持し、国民を欺くこととなった)
大手「保守」ブログ全般
(政経ch・MGRブログ ~はい、ネトウヨ参謀本部です~etc)
ニコニコ動画のコメント
(異常な偏りあり)
安倍氏を批判すると付くコメント群
「保守分断」「工作員」「左翼」「コミンテルン」「朝鮮人」「民主党支持者」「他にいない」
URL 2013-06-26 21:01

広島の赤いというか、茶色の瓦の地域、地元だわ。
茶色が普通だと思ってたから、県外に引っ越してはじめて黒が一般的なんだと知った。
URL 2013-06-27 00:08  [Edit]

東北だけど、自分とこも赤瓦の地域だよ。青もたまにあるし

3.11で自宅の古い瓦が一部崩れて、直すのに10万かかったわ
東北はどの県も瓦が崩れて、瓦屋がてんてこ舞い状態だった
順番待ちだったから、どの家もブルーシート被せてたw
直してもらえるまで1年かかったなあ

震災以降、瓦にしない家が増えたのは事実。安上がりだしね
でも、今の瓦は耐地震用になっていて、軽くて丈夫で、
しかも落ちないように一枚一枚繋いで固定するので大丈夫だよ
やっぱ瓦屋根の景観はいいなあと改めて思うようになったし
URL 2013-06-27 00:59

北海道だから瓦は殆ど無いな…
雪国だし仕方ないんだけど
東京に住んでた時は確かに瓦多かった
しっかりしてるように見える
名無しの日本人 URL 2013-06-27 03:49  [Edit]

藁葺き屋根もいいけどあれは囲炉裏があって完成されるものだし現代じゃなかなか出来ないよね…
URL 2013-06-27 05:08

もともと仏教建築に使われていた屋根瓦が一般に普及した大きな要因として、江戸時代にたびたび大火で焼け野原になっていたために、延焼対策として屋根瓦と土壁が普及した。
それまでは、江戸の町でも武家屋敷などは屋根瓦を使っていたが、一般家屋は茅葺や板葺きの屋根で、近隣で火災があった場合に火の粉や放射熱ですぐに延焼していた。
名無しの日本人 URL 2013-06-27 06:33

塗装無しのセメント瓦一枚200~500円。
URL 2013-06-27 15:33

青森だから地元ではほとんど見たことがなかった。
修学旅行で関西に行ったときちょっと感動したもんww
ななし URL 2013-06-27 16:55

>北海道だから瓦は殆ど無いな…
>青森だから地元ではほとんど見たことがなかった。

雪が多い地域では瓦屋根ってほとんどないね。すぐ近くでも雪の量で違っていて郡山だと瓦屋根の家が結構あるのに猪苗代の辺りだとほとんど見なくなる。
名無しの日本人 URL 2013-06-27 22:00

ここ数年見てきた限りじや新築で瓦は皆無に感じる
家自体も洋風ならまだマシな方で只の四角い箱の家が激増してる。
本気で日本の町並みが危機的状況だと思ふよ
行政は瓦にしたら住宅税を軽減するとか対策をして欲しいわ
国民一人一人ももつと家の風格や伝統文化に関心を持つて欲しい

自分が将来家を立てる時は入り母屋屋根の完璧な日本家屋にするつもりだけど
其の頃まで技術が残つてるかな・・・
残つていたとしても凄い値段になつてそう

因みに十代です。
名無しの日本臣民 URL 2013-06-29 14:33

夏場の強烈な日差しを受け止めて中に漏れないようにするのと雨や風や雪に堪えるようにかなり丈夫なんだよね日本の瓦って
普段は重さで釘を使わなくても柱をしっかりと地面に固定して
地震の際には揺れに合わせて落ちることで地震のエネルギーをうまく分散させるようにできている
もっとも最近はズレるのが嫌で銅線でつなぎ合わせてるのが多いせいでそのままグシャっと倒壊するのもあるけどね
能登地震の時はそうだった
名無しさん URL 2013-06-30 02:27

瓦屋根と言えばスペイン、イタリア南部のテラコッタがあるから普通じゃねーの?
特にスペインはほとんど瓦屋根じゃん。
南米でもテラコッタは普通そうだし
URL 2014-08-05 00:41

今の瓦に最も近いのは古代エジプト辺りで出てこなかった?オシリスだか何とかラーの神の神殿だかから発掘されただろ?シナは今回も起源の捏造は無理だったか・・・
URL 2017-08-03 09:54

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。