今回はお弁当についてです。
動画では日本とイギリスの学校のお昼のお弁当がそれぞれ紹介されています。
UK vs JAPAN School Lunches! with Dan and Phil




・日本で育ったアメリカ人だけど、そこまで豪華ではなかったよ。いつも、味噌汁、玉子、おにぎりだったしね。


・アメリカの昼食は、リンゴ、ゆでたハム1切れ、安っぽいマカロニだよ。


・日本のお弁当を見ているだけで、すごくハッピーになるよ。


・日本のお弁当はきれいだけど、昼食に食べても、量が少なく5分以内に食べてしまってお腹が空きそうだ。


・私の学校で、もしお弁当を持っていたら、クールだと思う子供もいれば、気にしない子供もいると思うよ。


・アメリカの親たちは子供たちに学校の昼食を買わせるけど、その一方で日本の親たちは子供たちを大切にしていると思う。


・日本に引っ越したいな。とにかく我々よりも全部が良さそうに思えてくるし。


・交換留学で日本に行っていたけど、住んでいたところの日本の家族が作ってくれたお弁当もの全部に猫の顔が入っていて、昼食のたびに、その可愛さで死にそうになった。


・一度、友達がカフェのホットドックを食べたんだけど、キャンディーの包み紙が入っていたんだよね。イギリスと日本の両方がアメリカよりも勝っていると思うよ。


・僕の学校では毎日、昼食でピザを頼んでいたよ。果物と牛乳もね。けど、ピザが毎日、メインの食事だったんだ。


・イギリスのお弁当がすごく正確だ・・・。


・イギリスのことについて学べば学ぶほど、どこでアメリカがそれを手に入れたのかがわかるよ。


・納豆を食べてみなよ。すごく気持ち悪いけど。


・誰がお弁当を作ったんだ?すごいからさ。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加