今回は包丁についてです。
砥石を使って錆包丁を元の切れる包丁になっているところが紹介されています。



翻訳元
He has a sharp mind to make the knife better than new


・なぜ500ドルもする包丁が錆びたんだ?


・どれだけ簡単に指が切れるのかは知りたくはないわね。


・それか包丁を錆びらないようにしようよ。


・日本の鋼は最高だな・・・。


・500ドルの包丁だから、修復可能だったんだよ。


・基本的に作業が多すぎるから、その価値がないと理解しているんだけど?


・楽々と包丁で切った瞬間、クルクル巻いた布とスポンジが、ちょっと食べれるものに見え始めたよ。


・塩酸を使えば、研磨することなしに、3分で錆を全部取り除けるだろう。


・あの包丁がほしい。どれだけ素早く玉ねぎが切れるのか想像してみなよ。もう涙はイヤだ。


・包丁を研げば5ドルの包丁でも同じ結果になるさ。唯一の違いは、再び包丁を研ぐ必要があるまでに、どれだけ長く包丁の刃の鋭さが続くかというところだよ。


・包丁を研ぐのに使った全部の道具を買うのにいくらかかるのかが、本当の問題だ。


・日本刀に似ているな。


・おおっ、スポンジを切ったときの音がね。


・この動画を見ていて歯が痛くなってきた。


・新しい包丁を買いなよ・・・そっちのほうが安くて早い。


・誤ってあの包丁を落としたくはないよな。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加