今回は杉乃井ホテルについてです。
大分県別府市にある杉乃井ホテルは働き方改革の1つとして10日間連続で休館します。
Japan Todayさんの投稿 2017年12月26日(火)




翻訳元
A popular hotel in southwestern Japan will close for 10 straight days in January at a cost of 200 million yen in revenues to give its employees time off, in the belief that the unusual measure will help to secure quality human resources.



・私の働いている会社はこれをやっていて、閑散期に休暇を全部使っているよ。


・臨時の従業員を雇ったり最小限の人数で働くのでは意味がないからね。2億円は賃金が減るのではなく会社の収益が減るのだから。


・貴重な従業員に投資するのは会社ができる中で最も重要なことの1つだからね。人に投資しよう!


・人材を確保するのに2億円費やすよりも、もっと効果的な方法があると思うよ。


・日本は従業員たちに休暇が必要だ。


・9月にこのホテルに泊まったんだ。たくさんの従業員がとても素敵だったし、特に日本からこのことが聞けて嬉しかったよ。


・良い動きだけど、日本がもっと幸せになるには、さらに必要だよ・・・。


・従業員たちに十分な休暇を与えることは普通ではないと思われているのは悲しいことじゃない?


・有給休暇だったらいいけどね。


・日本人の極端な手段が大好きだけど、交代で休暇を取らせたほうが理にかなっていないか?


・休暇を取ってもらうために僕の住んでいる街にある有名なパン屋は毎年1ヶ月間(冬2週間、夏2週間)店を閉じているね。


・一瞬、信じられなかったよ。その期間に何かを改修し、休暇を与えるのが良いPRとして上手い手を使っているようなものかと。


・それか営業して2億円をボーナスとして与えればいいのに。


・なぜ交代で休みをしないの?それでホテルは経営できるの?
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加