「徳島県伝統の藍染め」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「徳島県伝統の藍染め」海外の反応

今回は藍染めについてです。
藍染めの歴史と植物から藍色になるまでの工程が紹介されています。

Your blue jeans don't hold a flame to Japanese indigo. The true blue dye makes clothes fire resistant, bacteria resistant, and was once worn under the armor of samurai.

Great Big Storyさんの投稿 2018年1月2日(火)



翻訳元
Your blue jeans don't hold a flame to Japanese indigo.


・ここに行って、藍染したきれいなものを買いたいわ。


・やめてしまうのか?これは宝の山だぞ。すごい話だ。


・驚いたよ。正真正銘の藍色を作っているところを学べたのがとても素晴らしい。


・藍染の歴史は興味深かったけど、生産者たちはとても悲しそうだ。


・いつかここの人と会ってみたい。日本の文化と伝統について学ぶのが大好きだから。


・ここに侍のルーツがあるのか。


・資金の融資を受けて、独自のジーンズブランドを作ったほうがいいよ・・・。


・昔ながらのやり方でやり続けているところを見れてよかったよ。今は近代化されて、とても簡単に、より楽なやり方でやっているからね。


・これはいいね。インディゴで染めたものは気に入っていて、その工程はわからなかったんだ。


・このお話は気に入った。日本の生地のデザインと価格について少し理解できた。


・ローガン・ポールが日本のインディゴ塗料の中で溺れているところを見てみたい。


・悟空とベジータがスーパーサイヤ人で青色の髪になるように選んだのは、青になるのには、とても大変で時間がかかるからなんだな。


・ブルージーンズはいまだにインディゴで染めているんだ・・・。


・セントフランシビルの主要な作物でプランテーションで見かけるよ。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (7)

(; ̄ェ ̄)ここでローガン(笑)の名前を見るとは(汗
ゐゑぬこ URL 2018-01-11 20:43

そんな異物くれても、藍の栄養にならずに枯れるだけだからやめとけ
URL 2018-01-11 21:54

藍の染料は伝統技法だろうが機械製法だろうがその精製と特性上、値段が高いからね
んで日本メーカーはどこも値段を気にして買い付けないからね

その代わり日本メーカーは偽物の製品を作るため藍染『風』の化学染料と藍染『風』の柄を作ってる

そんな中現在、生き残りをかけて唯一手を差し伸べた台湾に絶賛技術移転中だ
経過的にそろそろ本格的に日本じゃなく台湾の文化になるんじゃない?
そしてそのうち、ジャパンブルーは消えて台湾ブルーになるだろう

古来より伝統ある藍染を殺してるのは誰よりも日本人だし
日本メーカーで作られた盛大な偽物のジャパンブルー(大爆笑)を有り難がるのも日本人だ
日本人の文化は最近多少チヤホヤされてるだけで本質は所詮この程度ってことさ
名無し URL 2018-01-11 23:02

もうちょっと辛抱すれば、東京五輪でやってきた外人たちをホイホイ釣れるから。
  URL 2018-01-12 09:44

世界的な試合の柔道着の色をちゃんとした藍染に直してほしい。
あの真っ青なの見ててとても萎える
URL 2018-01-12 10:01

手にした物が偽物だと知って尚安いからと偽物を掴むやつが多いから本物が死んでいくんだけどな
名無し URL 2018-01-12 12:49

地元民だけど、藍染は芸術...みたいな空気感があって近寄りがたい。
だから、驚くほど高額なものになってて地元消費がない。
本来は安価な民生用だったはずなのにね。
URL 2018-01-13 00:05

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。