お盆に対する海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆に対する海外の反応

今回はお盆についてです。
時期的にも合うので、このネタを選んでみました。
Obon: Japanese Festival of the Dead






・流しそうめん食べてみたいな。



・素晴らしいです。他の国の人たちの伝統を学ぶのはワクワクするね。



・とてもきれいだし、すごいよ。



・たとえ夏でなくても、このビデオを見ていると懐かしさがあって、夏らしさを感じるね。見ていてすごく楽しかったよ!



・日本に行くまで待ちきれないよ!すごく面白そうな祭りだね。



・とても穏やかに見えるね。



・このような祭があるから日本の文化がとても好きなんだよ。



・いつの日か日本に引っ越すよ・・・。



・石台に水を流している竹(ししおどし)が素晴らしい!何てきれいな庭なんだ!



・亡くなった人たちの魂と記憶を扱うにはとてもきれいで健全なやり方ですね。



・メキシコで“死者の日”と言う伝統に似ているね。果物を置くかわりに、キャンディーやオレンジ、パンや花を置くよ。墓地で1日中、家族と一緒に過ごすよ。
(死者の日⇒dia de los muertos



・ちょうちんがとてもいいね。日本では本物のろうそくを使うとは思わなかったけどね。






久々に更新しました。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (17)

フェスティバルって訳すのは間違ってると思うなぁ
カトリック的にはレクイエムってのと似てるが。
ご先祖様が帰ってきて一緒に過ごす日ですから
名無しさん@ニュース2ch URL 2013-08-14 21:25

説明が面倒だから取引先の海外企業には『夏休み』って伝えた。
欧州1「うちも同じ期間夏休みだし。」
欧州2「うちは9月まで休み。」
アジア1「ゆっくり体を休めて下さい。」
アジア2「…。」
URL 2013-08-14 21:59

カラフルな盆灯籠がスーパーに並ぶとお盆の季節だと実感するわ
他の地域にはない風習らしいが
名無し URL 2013-08-14 22:17

お盆とは、浅く平たい物を載せて運ぶ道具の事です。
つまりトレイの事ですね…ありゃ?!違うの!!!!
URL 2013-08-14 22:17  [Edit]

次第に日本でもお盆の習慣は廃れていくんじゃないのかね。
うちの会社はサービス業でもないのに盆休みはありませんよ。
URL 2013-08-14 22:41

やっぱり海外の人は幻想的なもののように捉えているね
動画の演出もお盆というよりは夏の風物詩って感じだし
身近な人を亡くしている身としては線香の香りがするこの時期は切ない心持ちになるものなんだがね
URL 2013-08-15 00:49

じいちゃんとばあちゃんが亡くなって墓に入ったから
墓を綺麗にしに行かないとと思ってしまう
知らん顔してると、盆ぐらい帰って来い!って言ってそうでw
名無しさん@ニュース2ch URL 2013-08-15 01:40

子供の頃ばーちゃんち行った時にあの燈篭?が夜中に仏壇の前で光っててすげえ怖かったなw
名無しさん@ニュース2ちゃん URL 2013-08-15 01:57

ウチの田舎ではお盆の夕刻、女性たちがお墓から各家まで提灯で夜道を照らしてご先祖を道案内するという行事が行われていた。
今にして思えばすごく幻想的で、厳かなお盆行事だったとしみじみ感じる。
当時悪ガキだった俺たちは、女の子の提灯の中に爆竹を投げ入れて脅かすのが楽しみだったが。
(後で親父や爺さんにボコられたのは言うまでもない)
名無しさん@Pmagazine URL 2013-08-17 01:32

子供の頃私も父の実家のある田舎へ連れられてゆき、夏の午後、長い道を辿ってお墓参りし、その後兄と交代して提灯を手の先に掲げてぶら下げてまた長い道を木陰の中ずっと歩いて、親戚の家へ立ち寄って、その上がり框とか千反田家みたいで、スイカを縁側で頂いたなぁ……縁側の下にはあり地獄がいて、初めて見るその奇怪な姿に驚いたなぁ……
のどかな時代だった
  URL 2013-08-18 13:44  [Edit]

クッソ暑いさなかに仏壇や墓の掃除して
会いたくもない親戚の家を互いにまわって
全く同じ額の金を互いに渡しあって
坊主に金払って新しい塔婆プリントしてもらって
アホ臭いったらありゃしない
名無しさん URL 2013-08-19 21:48


超賎人の感覚。
特に在日が半島に里帰りすると、普段日本で甘やかされて自堕落な分だけ猶更強く苦手意識が働いてこのような下衆な感想を抱くらしい。昔在日が自分で雑誌に書いてた。今ほど嫌悪されていなかった(まだ日本人が彼らの本性に気づいてなかった)頃にね。
徐 URL 2013-08-19 22:54  [Edit]

実家が都会だから盆に田舎に帰る人が羨ましい
       URL 2013-08-21 14:25

日本の教育再生が最重要

田舎にある父の実家は本当に一部分だけど、特に仏事関係では、昔ながらのあり方がしっかりと伝えられていてね、映画のようなおどろおどろしい土俗的なたたずまいの薄暗い室内でぅ~る~る~ぅ~と唸るような念仏を唱えたりするのが物凄い感じだったものだ。
でも次第にそういう懐かしい日本の古い田舎ならではの独特なあり方も薄れてゆくのが寂しいものだ。
そして軽佻浮薄な愚かしいあり方がのさばりだして、民心が愚かになってゆくのだなぁ・・・
現今のこの国を見ていると、情けないと思わずにはいられないよ・・・それもこれも、教育が駄目になっているからだと痛感する。
  URL 2013-08-21 21:50  [Edit]

うちは浄土真宗だからお仏飯以外はお供えとかしないんだ
でも母親は神道育ちで適当な性格だから初物の果物とかお菓子とかをお供えしたりしてる
お茶を湯呑に入れて供えていた時はさすがにおかしいと注意したけどw
神主だった母方の祖父がお茶が好きだからと神式葬儀したので神棚にいつもお茶を上げてたから父方の祖父にもやらないと悪いと思ったらしい
URL 2013-09-03 00:33

俺んとこは、昔はぼんぼり?つけたり墓掃除に行ったり
船流しに行ったりして、割ときっちりお盆してたけど、
今は無信心な母が興味のない父に代わってとりあえず
食事と団子やら供え物だけ用意してるわ。
俺も興味ないし祖先を敬うことになんの価値を感じないから、
母がしょうがないからとはいえ続けてるのは偉いなって思う。
一人で誰もありがたがらないイベントこなすって苦行だよな。よくやるわ。
この世に落とした神仏と祖先を憎しみ嫌ってる餓鬼な俺は手伝わんけど。
URL 2013-09-09 04:23

信心の薄いうちの家でも迎え火炊いたりとか、墓掃除位はする。ぼんぼり好きだなあ。
あれ見てるだけで時間が過ぎる。
   URL 2013-09-25 21:52

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。