今回は刀鍛冶についてです。
動画では刀の製造過程を公開しています。
Japan's most famous Katana forging artisan Kobayashi filmed by ADEYTO






・この刀なら簡単に首を切り落とすことができると思うよ。



・目を保護するものをつけていないのが気になるよ。



・価格は法外だけど、最近、どれだけの数の刀がまだ手作業で作られているのだろう?それほど多くはないよね。



・動画の1:56のところはハンマーの奏でるハーモニーだね。



・どうして伝統的な方法で作っているんだ?理解できないよ。



・日本刀の数が減ってきているよね。大切にね。



・値段が付けられないほどの刀だ・・・。



・お金があったら、絶対手に入れるよ・・・クオリティーが他と比べようがないくらい素晴らしいよ。



・刀のようにハサミを作ったらなあと思うよ。



・本物の芸術家だよ。尊敬するし魅了されたよ。



・わかんないけど日本のハンマーってちょっとバランスが悪いように見えるよ。



・15,000~50,000ドルなら安い買い物だよ。



・彼は1番有名ではないよ・・・。



・15,000ドルを刀に支払うくらいなら、グロック(拳銃)に500ドル支払うよ。そのほうが効率的だしね。



・正直、15,000ドル分の作業には見えなかったよ。



・刀の歴史については全く関心がないけど、実際のところ、刀は何年もの時を通して存在ずる数少ない歴史的なものの1つで、世界中で有名だよ。



・日本のすべての伝統的な芸術は多くの形式や技術を使っているのには驚いたよ。



・こういうことを思うのはとても変だけど、一生懸命刀を作っても、刀が使われることってないよね。



・動画の0:45あたりで金属をハンマーで叩いている音が美しいよ。これは自分だけがそう思っているのかな?



  Re・いや、その通りだよ。鍛冶場で聞ける音楽だよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加