今回は日本の運転手についてです。
動画では日本の運転マナーについて紹介されています。
Polite Japanese Drivers






・ウクライナでも同じことをするよ。フランスでも採用しようと試みているけど、運転手は理解しているのかわからない・・・。



・日本だけではないよ。



・エジプト人の運転を見てみたほうがいいよ。



・簡単に言ってしまえば、日本の運転手はロシアの運転手の真逆だということだ。



・マレーシアでは他の車にクラクションを鳴らすことは争いを意味するよ。



・これがどこでも標準的になればいいのに。



・イギリスでもよくあることだけど、オーストラリアは運転してきた中で最低な場所だよ。



・オーストリアとドイツで運転するのは、ほとんどの場合、恐ろしいよ。特に休日の間、高速道路や街中を運転するのは、キレまくる運転手の巨大なお祭りみたいなものさ。車線が合流するところは面白いよ。何しろ90%の運転手は車線を変更させないようにするからね。



・ルーマニアでも使われている方法だよ。何回もやったけど、気分がいいよ。



・アメリカでこれをやっているんだけど、自分だけがやっているような気がするよ。道路上で誰かと顔を合わせたら、ちょっとした挨拶をするんだ。



・素晴らしいことだけど、自分の車のハザードライトは変な場所についているんだよな。



・ありがとうという意味でハザードを点滅する習慣はアイルランドでも一般的なことだよ。



・ポルトガルも同じことをするけど、車の運転中にキレるのはすごいよ。



・イギリスでも同じことをするよ。アメリカの大部分ではそうではないと思うけどね。



・インドネシアではクラクションが必須だよ。



・キプロスでも他の運転手に手を振り、ありがとうって叫ぶよ。日本では礼儀正しい運転手と言うのなら、キプロスでは何ていうのかな?



・ヨーロッパのトラック運転手もこういうのをするよ。それか、何度か左右のライトを点滅させるよ。



・高速道路の途中で渋滞になったとき、他の運転手に渋滞になっているからブレーキするようにと知らせるために運転手はハザードランプをつけるよ。



・アメリカもこういうのだったらいいのになあ。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加