江戸の子守唄に対する海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸の子守唄に対する海外の反応

  •  投稿日:2014-05-28
  •  カテゴリ:音楽
今回は江戸の子守唄についてです。
誰もが1度は聞いたことがある子守唄です。
Learn Japanese with Japanese Songs Edo no Komori Uta






・私のお気に入りの子守唄だわ!子守をしている赤ちゃんに歌ってみたけど、眠りに落ちるんだ!



・とても美しい歌で幼い妹に歌ってみたけど、気に入ってくれたよ。こういう日本の音楽は心を奪われるよ。



・彼氏にこの歌を歌ってみたけど、眠らせることができたと思うよ。この歌の歌詞は大好きだよ。



・すごくきれいな歌だよ。こういう歌がもっとあればいいのに。



・これは素晴らしい子守唄だね!耳触りが良いよ。1日に何百回も聴いているよ。



・子供を持ったら、この歌を聞かせるよ。



・いい意味ですごく不気味な歌だね。



・フィリピン人だけど、日本語を流暢に話したり書いたり読んだりすることができるんだ。日本大好き!



・ブルガリア出身だけど、この歌、気に入ったよ。



・子供のとき、お母さんがこの歌を歌ってくれたよ。



  Re・僕もだよ。怖い歌だと思って寝たふりをしていたんだけど、お母さんは歌うのを止めるんだよね。



・この歌はとても美しいよ!



・わからなくなってしまったよ。歌詞に“ねん ねん”ってあるけど、いつも“ねう ねう”って聞こえるのは自分だけなのかな?



・「ひぐらしのなく頃に」でこの歌を覚えたよ。



・オートチューンザニュースのように聞こえるね。
(オートチューンザニュース→Auto-tune the News


・気に入ったよ。素敵な歌だよ。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (34)

メロディに全く関係ない副旋律というかBGM的な音楽は何なんだろう。かっこよさは増すかもだけど違和感・・・
た URL 2014-05-28 20:28

あれ、こんなに不気味な曲だったっけ・・・
名無しさん URL 2014-05-28 20:39

自分の英語力の問題の気もするけど訳文が直訳風味に読めて違和感がすごい
URL 2014-05-28 20:41

この子の七つの・・みてから子守唄や童歌には怨念を感じる
名無しの壺さん URL 2014-05-28 20:43

最後まではじめて聞いたわ
こんな歌詞やったんやな~
つか怪談とかのイメージがあるからなんか怖いw
名無しさん@ニュース2ch URL 2014-05-28 20:46

子守りって怖い唄あるよね。
貧しい家の若い女の子が子守りとして雇われて、一日中赤ちゃんの子守りをさせられてたから、その恨み節って聞いた事ある。
名無しさん URL 2014-05-28 20:49

一かけ二かけて三かけて 四かけ五かけて橋をかけ
橋の欄干手を腰に はるか向こうを眺むれば
十七、八の姉さんが 線香花束手に持って
もしもし姉さんどこ行くの 私は九州鹿児島は
明治十年三月に 切腹なさった父上の お墓参りに参ります
お墓の裏では幽霊が ふわりふわりと ジャンケンポン
URL 2014-05-28 20:50

思ってた以上に不気味だったw
名無しさん URL 2014-05-28 20:55

この動画のキーが正しいのだったら
うちのばーちゃんが歌ってたのは思いっきり転調しまくってた
やつなんだな・・・30超えて初めて知ったわ
URL 2014-05-28 20:55

美空ひばりのやつ聞いたらいい
URL 2014-05-28 21:08

なんか電子的な歌声だね
不気味
URL 2014-05-28 21:19

長調と短調の2パターンがあるんだけど
これは短調のほうだね
物悲しくて不気味な短調の方が一般的なんだよな
名無しの日本人 URL 2014-05-28 21:21

伴奏のピアノが滅茶苦茶不協和音にしか聞こえないんだが
あまりにも合ってないから気がふれそうになる
URL 2014-05-28 21:25

>貧しい家の若い女の子が子守りとして雇われて、

若いっていうか6、7歳で雇われる子もいたそうだよ
その位の年の子が4㎏以上ある赤ちゃんを背負ってあやさなきゃならないんだから、子守唄が恨み節になるのも仕方ないわ
URL 2014-05-28 21:32

母親がよく歌ってくれたのは『あいうえおほしさま』と
『ゆりかごの歌』だったなー。
URL 2014-05-28 21:42

歌い方がくそすぎて萎える
URL 2014-05-28 21:56

西洋の子守唄は母親が我が子に愛情を表す歌で、日本の子守唄は貧しい使用人が自分の人生に対する不平不満のはけ口にするためにできたそうだ。
名無しさん@ニュース2ちゃん URL 2014-05-28 21:57

>メロディに全く関係ない副旋律というかBGM的な音楽は何なんだろう。

全く合ってないよねコレ。主旋律に溶け込んでないから、すごく浮いてる。これならアカペラの方が全然いい。
名無し URL 2014-05-28 22:07

コード合ってない気がする。特に導入から歌に入る所
URL 2014-05-28 22:20

コードに正解はないが
統一性のかけらもない糞アレンジってのは言える
名無しさん URL 2014-05-28 22:30

>もしもし姉さんどこ行くの 私は九州鹿児島は
>明治十年三月に 切腹なさった父上の お墓参りに参ります

これ、うちの田舎では

私は九州鹿児島の 西郷隆盛娘です
明治十年三月に 切腹なされた父上の
お墓参りに参ります
お墓の前で手を合わせ なむあみだんぶつ
じゃんけんほい

でした。これで西南の役の年号を覚えた。

>長調と短調の2パターンがあるんだけど

福岡出身の知人が長調で歌っていて驚いた。
私が単調で歌ったら、知人が驚いていた。
同時に歌ったら、綺麗にハモれた。
名無しさん URL 2014-05-28 22:38

ね~んね~ん
ね~こ(猫)のけ~つ(尻)に
か~に(蟹)がはい(這い)こんだ~
いっぴきか~と
お~もった~ら
に~ひきはいこんだ~

に~ひきか~と
お~もった~ら
さんびきはいこんだ~
さんびきか~と
お~もった~ら
よんひきはいこんだ~

(以下、インクリメンタルループ)
ゆとりある名無し URL 2014-05-28 23:01

もっと優しい歌だったはずなんだけど
こんな不気味な感じだったっけ・・
名無しさん URL 2014-05-28 23:36

ぼうやは良い子だねんねしなー
までしか知らなかったから続き気になってたんだ
ありがとー
名無しの日本人 URL 2014-05-29 00:40

れーうれーうー
ころーりーよー

みたいに聞こえる
URL 2014-05-29 00:52

>直訳風味
えっむしろ意訳してない?
名無しさん URL 2014-05-29 01:51

今でも台湾で歌える子が南部の一部若年層にもいるらしいね。
観光地になってる元首狩り族のおばさん達がまだ歌ってたらしい。
名無しの日本人 URL 2014-05-29 06:07

これ唄ってる日本語の発音がおかしいね。
外国人が唄ってんだろ。
日本人の童謡歌手が唄ったらもっと情緒的になるんだけど。
いまいち心に響かない。
名無しの日本人 URL 2014-05-29 09:01

>もしもし姉さんどこ行くの 私は九州鹿児島は
>明治十年三月に 切腹なさった父上の お墓参りに参ります

叛乱士族の遺族の歌だったのか!!
名無しの日本人 URL 2014-05-29 10:17

今時何人の親が歌ってるんだろ。俺も小さい頃、体ポンポンされながら歌われた記憶がある。
URL 2014-05-29 14:07

勝手に恨みぶしにするなよw
大家族が当たり前の時代、子守りは何処の家でも誰でもやってることで、手が空いたときに手伝ってお駄賃を貰うのは普通のことだったんだから。

子供がひな祭りの歌とかを、酷い内容の歌詞にしたり適当に替え歌にするのなんて今でも全くかわらないけど、だからってその歌の内容を子供の抑圧による恨みが~なんて分析したら頭おかしいとしか思われないだろ。
名無しさん URL 2014-05-29 15:16

>貧しい家の若い女の子が子守りとして雇われて、
昔は成功すると親戚縁者まで面倒を見るのが普通だったから金持ちの親戚がいるとそこを頼って子守とか女中に雇ってもらう
若い子が多いのは結婚前の花嫁修行を兼ねてるから
男は下男とか書生

頼れる親戚がいないと芸者、丁稚奉公に売られるのでどっちかと言うと子守は運がいい方
名無しさん URL 2014-05-30 17:11

ゆりかごの歌、いいよね。
母親の我が子への優しい眼差し、頬ずり、接吻、愛情のこもった行為はすべてこの歌に通じてる。
  URL 2014-06-01 00:32  [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
URL 2018-05-24 15:38

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。