今回は建設現場についてです。
動画では建設現場の様子が紹介されています。
Speedy Japanese Builders!






・素晴らしい建設技術だよ。野菜畑も良さそうだよ!



・とても小さな家なのにたくさんの人がいるな。



・この大きさの家を4日くらいで建てるドイツの会社があるけど、家のパーツを作って、たくさんの作ったものを運び出してから作業に着手するんだ。日本のやり方も効率的だと思うよ。



・日本でこれほどの早さで家を建てたら、たくさんの失業した大工さんが出てくるに違いないよね?



・これを1日ですべてやるの?!イギリスの建設作業員にしてみれば、これはやり過ぎだろ。ティータイムが必要だよ。



・庭にある植物を破壊しなかったことに感動したよ。



・日本人が2時間のことでも、アメリカなら1ヶ月はかかるよ!



・現地で組み立てる前に正確に骨組をプレハブで構造しているから、家をより素早く建築できるんだよ。



・日本は家に地下室は利用するの?見たことがないな。



・日本の作業員の仕事は早いね。



・オーストラリアでは家を建てるのに1年くらいかかるよ。多くの建設作業には作業員を管理するたくさんの現場監督がいるからね。



・8時間の間でたくさんの作業があるんだ!



・メキシコ人も素早いよ。家の枠組みを作るのに10人も必要ないし、5人いればやり終わるだろうしね。



・欧米の国がこの作業をやっても、1ヶ月経ってもまだ終わっていないだろうね。



・日本人が1日でやることでも、ポーランドなら3カ月はかかるよ。



・平均的な日本の建設作業員はアメリカよりも5倍は生産性が高いよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加