羽根突きに対する海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽根突きに対する海外の反応

今回は羽根突きについてです。
動画ではちょっとどうなのかというのはありますが、日本のお正月で行われる伝統的な遊びの1つです。
New Year's Game of Japan ~ Hagoita ~






・それって・・・テニスのようなもの?


・おかしいけど、それでも素晴らしいよ!


・日本版のバドミントンみたいだね。ビーチバレーのスタイルだから気に入ったわ!


・この動画は最高だよ。羽根突きの宣伝かな?あなたが作ったの?


・バドミントンのように思えるよ・・・。


・すごく楽しそうだね。気に入ったよ。


・羽根突きや羽子板は日本の文化だけど、この動画は日本なのか?


・0:49のところで、着物が危なかったな。


・ロックミュージックかよ!それにこれはへらでバドミントンをやっているようなものだな。


・マレーシア出身だけど、ドラえもんを読めば誰でもこのゲームを知っているよ。


・0:25のところのシーンで一瞬ストリートファイターかと思ってしまったよ。


・素敵だけど、ボールはどこ?ボールを想像する必要があるの?


・オッケー・・・だけどこれってテニスのふりをしているの?


・この女の子、羽根突きのやり方知らないな・・・。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (15)

以下、荒れるコメント欄をお楽しみください
URL 2015-01-04 08:07

最近,はねつきする人見なくなったね
URL 2015-01-04 08:18

初詣すら行かないひきこもりがググって得たにわか知識で日本の伝統文化の講釈を始めると予想
名無しの日本人 URL 2015-01-04 08:27

二人で地面に落とさないようにアンダーで打ち合うのが羽つき
打ち合いが続く方が演技が良いとか
蹴鞠も円陣組んで地面に落とさないよう蹴り上げる
清水寺の欄干でリフティングして端から端へ渡りきった中将がいたそうだけど、絹の重い装束と固い木靴で怖い物知らずなお公家さんだ
URL 2015-01-04 08:50

2011年の動画かいっ
URL 2015-01-04 09:04

ユーチューバーが再生回数欲しくて大げさにやってるだけだろ
名無しの日本人 URL 2015-01-04 09:06

負けた方は顔に墨で落書きされるっていうのも
紹介しないとダメだろ
URL 2015-01-04 09:10

そういえば子供の頃お正月にやってたな。懐かしい。
URL 2015-01-04 09:36

コマも回さんし、タコあげもしなくなったなぁ……
百人一首もしなくなった
URL 2015-01-04 10:15

>負けた方は顔に墨で落書きされるっていうのも
>紹介しないとダメだろ

極めて重要な指摘だ。

URL 2015-01-04 10:37

>最近,はねつきする人見なくなったね

羽子板持っている人は、案外多いと思うけど
観賞用なんだろうね
はねつきすると羽子板がボコボコになるから
持ってても、はねつきやらないって人多いと思う
URL 2015-01-04 11:03

羽根つきは勝敗を競うものじゃないだろ。相手が打ち返せるようなところに打ってやらなければならない。それでも打ち返せなかった相手は顔に墨を入れられるから、打った方が恥じ入らなければならない、そういう日本的な遊びなんだよ。昔は大人も遊んだもんだ。
あっ URL 2015-01-04 11:22  [Edit]

蹴鞠も羽子板も、なるべく長くラリーを続けるのが楽しみじゃなかったっけ?
URL 2015-01-04 15:24

変な動画だな
  URL 2015-01-04 22:24

ちょうど90年生まれの者です
お正月に羽根つきやったわ
凧上げ、蹴鞠、紙風船、福笑い、お手玉、ベーゴマ、、、
冬休みのお楽しみのひとつだったな
田舎だからかもしれん
URL 2015-01-05 03:19

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。