「日本の電車は5分ちょっとの遅れで遅延証明書が貰える」海外の反応

海外の反応を紹介しています。英語のコメントを翻訳しています。

 
スポンサード リンク
 
 
 
スポンサード リンク
 
  • ホーム
  • »
  • »
  • 習慣・生活
  • »
  • 「日本の電車は5分ちょっとの遅れで遅延証明書が貰える」海外の反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の電車は5分ちょっとの遅れで遅延証明書が貰える」海外の反応

今回は日本の電車についてです。
記事では電車が5分ちょっとの遅れでも遅延証明書が貰えることを紹介しています。
翻訳元
Late train in Japan


・俺の国では電車が時間通りに着くと驚くよ。


・乗務員が1人1人謝ることによって、もっと遅くなるんじゃない?


・僕の国では遅刻は1つの文化みないたものだよ・・・。


・日本の文化は他の国の人にとってはすごく変わっていると思うよ。


・学生生活を送っているときはこういうのがすごく助けになるんだよね。


・エジプトでこれをやったら、電車の切符の販売収入よりも遅延証明書を作る方がお金がかかってしまうだろうね。


・この記事を読んでいると泣きたくなるわ・・・日本がすごく羨ましくて。


・ロシアでは電車が遅れて到着しても、駅員が時間通りだと言うから、みんな信じちゃうんだよね。


・シンガポールでもこういうことすればいいのに。


・ムリアでは電車が降りたい駅を通り過ぎずに到着することでも嬉しいんだけどね・・・。


・日本は世界で最もビジネス文化の進んだ国だから驚くことではないよ。


・カナダの地下鉄は、ほぼ時間通りに到着するけど、朝と夕方は時間通りではないんだよな・・・。


・深い感銘を受けたわ・・・何回、頭を下げて謝っているのだろう?


・フィリピンでは、ほとんど時間通りに電車は到着しないよ。


・5分電車が遅れることによって、30分は謝ることになるんだな。
 
スポンサード リンク
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

コメント (11)

駅員と乗務員をゴッチャにしてるコメントが多いなwww
名無しさん@ニュース2ch URL 2015-06-01 21:05

前勤めてた会社で毎日のように遅延証明もらって遅刻してくるやついたの思い出したw
相互乗り入れでダイヤが乱れがちな(ダイヤは乱れても数分おきには列車くる)路線でぎりぎりで家出るんで遅延証明もらってわざと遅れてくる。もう5分早く家出ればどうってことないんだが。
名無しの日本人 URL 2015-06-01 21:28

それだけ出勤時間が厳しいって事まで知る必要がある。
URL 2015-06-01 21:54

悪用は言語道断だがその手の輩につけいる隙を与えないようにすることも大切。
名無しさん URL 2015-06-01 21:58

バイトは遅延証明書を会社に提出しても意味無いって知ってる?
まあ受け取るから査定の参考ぐらいにはするかもしれないけど
ほとんどの会社では給料には影響しないんだよ
名無しさん URL 2015-06-01 22:04  [Edit]

大学の先生は信用してくれなかった。
URL 2015-06-02 00:39


・カナダの地下鉄は、ほぼ時間通りに到着するけど、朝と夕方は時間通りではないんだよな・・・。

それはほぼ時間通りの到着ではないだろ矛盾しすぎww
URL 2015-06-02 01:23

派遣バイトの時は給料保証してくれたけどな
名無しさん URL 2015-06-02 18:14

>バイトは遅延証明書を会社に提出しても意味無いって知ってる?

法律上の正確な部分については知らんが、時給の仕事でも提出したら普通に遅刻扱いにならなかったがな
正直その会社ごとの規定によるだろとしか言えんわ
URL 2015-06-02 19:43

高校生の時は京浜東北線→山の手→大江戸って乗り継ぎしてたから5分送れるだけで乗り継ぎミスって遅刻ギリギリだったな。京浜東北→山の手は階段ダッシュで3段抜かしとかしてたわw
URL 2015-06-08 00:03

遅延証持ってるからって毎回講義遅刻してくる奴が居て遅延証が認められなくなるって事態に陥ったな

学生の間にある 遅延証=遅刻の免罪符 みたいな考えはどうなんだと思う
URL 2016-01-31 20:45

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 海外の反応ジャーナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。