今回は日本の仕事文化についてです。
記事では仕事中での居眠りが日本の仕事文化の1つだと紹介しています。

↓↓↓
CAUGHT NAPPING – SLEEPING ON THE JOB IN JAPAN
翻訳元
CAUGHT NAPPING – SLEEPING ON THE JOB IN JAPAN


・日本人は俺よりもすごくハードに働いているな。彼を静かに寝かせてあげなよ。


・ちょっと思ったんだけど、もし日本人労働者、特に男性が家で過ごす時間が多かったら、彼らは気が狂うんじゃないのかな。何もすることがないだろし、そこにいるだけでもお金がかかるだろうし。家族に自由を与えるためとお金を貯めるために仕事場にいたほうがいいよ。


・充電時間だよね。脳細胞を休めるための。カシコイ。


・こういう働き方は会社や社員にとって良くないよね。効率性が下がるし。


・俺はこのことを何年も言ってきたぞ。


・休憩時間で力を蓄えるための仮眠を取っているんだね。作業スペースで寝る人もいれば、トイレで寝る人もいるし。


・僕だったら、たくさん寝てしまうだろうけど。


・日本人にもっと休みを与えなよ!


・日本で働く前にこのことは覚えていたよ。数人ほど寝ている同僚を見たことがあるからね。このことで文化的背景を教えてもらったよ。


・日本人は仕事中毒だからな。


・フィリピンでは、激務が原因で仮眠を取ったら、2つのことが考えられるな。1つは叱られるか、もう1つは酷い目にあうか。


・ナルコレプシーだらけだな!


・仮眠というよりも二日酔いのようだね。


・これって狂っているよ・・・生産性が上がらないし、健康的な生活ができないしね。


・仕事場で寝ているということが一生懸命働いているという証明になるというのが理解できないよ。この記事を読んだことで、唯一ガッカリしたことだよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加