今回は政治についてです。
中国の海洋監視船が尖閣諸島周辺の領海に侵入しました。
翻訳元
Japan shrine visits, isles dispute stir East Asia tensions



・これらすべてのことの背後にいる本当の扇動者は誰だろうかと思う。



・過激な中国に対抗するため、今こそ日本は再武装する時のように思える。



・日本、気をつけろ!



・正直、中国は豊富な天然資源が発見されるまでは尖閣諸島に全く関心が無かった。



・中国はただ単に近隣諸国の1つと本格的な紛争で軍事能力のテストをしたくてたまらないだけです。



・我々アメリカは日本を強固な同盟国として扱うのは大きな間違いだ!いつかアルカイダ、チェチェン、エイズに苦しんだようにアメリカは苦しむだろう。とても嘆かわしい!



・アメリカがその地域に存在する限り、平和と安定はもたらされないだろう。



・アジアにおける中国の傲慢と帝国主義の姿勢には本当に気掛かりです。アメリカは近隣諸国の権利と領土に対する敬意を持っていない常軌を逸した国との貿易を止める必要があります。



・尖閣諸島はアメリカのものです!日本もアメリカが拡大した領土の一部です。



・トヨタは中国での売上は回復しないだろうと言っていたよ。いいね!



・アメリカは尖閣諸島を何発かの爆弾で沈めるべきだと思います。それで争うことはなくなります。



・中国に向けて一言だけ。チベット。



・中国と韓国の政府は日本の問題を自分たちの国の人たちの不満をそらし団結するために使っているのを知っています。



・日本人と寿司が大好きです。中国の漢民族に屈しない態度は素晴らしいです。毎日、小惑星が北京に直撃することを祈って寝ています。






2日続けて政治関連のものをやってみました。
日本に関係しているものを翻訳していますので、ネタ的には問題ないと思います。
 
スポンサード リンク
 
 
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加