今回は対話型自動販売機についてです。
外国人向けに飲料水の説明をする自動販売機で2016年1月6日から2月まで東京浅草の雷門近くで実証実験を開始します。
翻訳元
Japan gears up for foreign visitors with new interactive vending machine

No more accidental pudding-in-a-can purchases! These new info stations will tell you all about the drinks on sale in Japan's vending machine

Have you ever looked at a vending machine in Japan and had no idea what the strange,



・自動販売機に高額な電子装置?その費用が飲料代に跳ね返ってくるだろう。


・気に入ったよ!時々、謎の飲み物があるなって思っていたからさ。ポカリスエットやCCレモン、BOSSコーヒーやカルピスとかね!


・よくわからない謎の飲み物が好きだったんだけど。


・ボタンを押して、何の飲み物を手に入れるのかが半分楽しいのに。


・このアイデアを考えてくれた人がいて嬉しいよ。


・日本語が読むことができるから、こんな問題にはならないよ。


・もはや推測するゲームをする必要がないんだな!


・間違って買うようなことはなくなるけど、どうやって新しく出る変わった飲み物を見つければいいんだろう?


・こういう切符を販売するシステムも使うのが難しくないよ。


・特別なものでもないから必要ないよ。直感も働くだろうし、全員がバカ外国人ではないよ。


・どうして対話型自動販売機が必要なの?お金を入れて飲み物を買うだけだよね。


・日本語が読めるから必要ないけど、もし全くわからなくても、より冒険的になれて日本を楽しめるよ。


・何も知らないことが冒険の1つでもあるんだけどね。


・今ある自動販売機が好きだから、変える必要がないよ。
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加