今回はウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」についてです。
株式会社ログバーがアメリカのラスベガスで行われているCES 2016で発表したもので、動画は実際に使っているところを紹介しています。




翻訳元
Japanese company creates innovative new translation product. Decides to market it using the most cringeworthy video possible.


・これが本物なら、もはや日本語を勉強する必要がないな。


・SiriやGoogleよりもかなり良いものだよ。


・旅行に使えそうだ。


・Google翻訳みたいなものか?


・どれだけ翻訳が可能なんだろう?動画ではすべての文章が完璧に翻訳されていたし、1つのミスもなかったよね。こういう技術がすでに存在しているとは思わなかったし、マジで驚いたよ。


・これはすごい革新的なものだよ!


・相手の言っていることも同じように変換してくれるのなら、何て言っているのかわかるし、そうなれば最高だよ!


・なぜこんなやり方でこの商品をプロモーションしてしまうの!


・他の言語を学ぶ目的がなくなりそうだ!


・これで話すことはできるけど、理解はできないよな・・・。


・すごい商品だと思うけど、この男がちょっと気持ち悪い。


・ビジネス関係や交渉にとても役立つ商品だと思うよ。


・いたずら動画ならすごく面白いけど、この動画を見ていると商品がちょっとストーカー用の道具に見えてしまうよ!


・唯一の問題は、どうやって相手の言っていることを理解するかということだな。日本語を翻訳する機能も入っているの?


・彼は日本人女性を誘惑する方法を知っているな。これを使って会ったことない女性にキスしてみたいよ。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加