今回は神戸牛についてです。
神戸牛の中でも最高級であるA5ランクの神戸牛が写真で紹介しています。

↓↓↓
http://i.imgur.com/nH0Yfjl.jpg

D’Artagnan Japanese Wagyu Boneless Ribeye Roast A-5 Grade
翻訳元
A5 Kobe Beef from Japan


・日本で神戸牛を食べたけど、とても美味しかったよ。ちょっと脂が多いかもしれないけど、口の中で溶けるし、ほんの少し噛めばいいというのが気に入ったね。それに価格も1回だけ食べるなら十分さ。


・和牛と比較して普通の牛はどうなのか見てみたい。


・牛肉に約1000ドルの価値があるの?


・見た目で神戸牛と他の牛肉の区別ができないよ。どうやってそれを区別するのかヒントがないの?


・貧乏人だから、この肉を食べることはできないけど、あの霜降りは・・・。


・この写真にある肉はスネークリバーファームのアメリカ産の神戸牛で、本物の日本の神戸牛ではないよ。日本のやり方を真似して、アドバイスを受けて牛を育て、細心の注意を払っているけど、それでも味や固さが違うね。


・1つ薄切りにして生で食べてみたい。


・正直、低品質の牛肉に見られてしまっているから、正確に見れないんだよな。


・僕にとっては脂身が多すぎるな。


・舌のように見えてしまう。


・岐阜県の飛騨牛もどの点においても同じくらいの品質だし、外国人がその名前を知らないから、そこまで高くないよ。最高品質の1つではあるけど、神戸牛だけではないからね。


・和牛って最初は使役動物だったからね。日常生活に適応して、筋肉にある霜降りの部分がエネルギーを蓄える脂肪となっているんだ。それをさらに良い使役動物にしているから、美味しいんだよ!


・A5って最高品質なの?


・霜降り和牛の中での違いがわかるね。品質が本当にすごい。
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加