今回は日本の大学生の就職率についてです。
日本の大学生の就職率が調査開始以来最高を記録しました。
翻訳元
Japan: Employment rate at 97.3% for new University graduates - record high


・人口が高齢化して労働者が退職し始めているからでしょう。退職した人たち全ての仕事場の空いたところを埋めるには若者の数は十分ではないし。ある点では良いのかもしれないけど、経済的な点では悲観的に見られるよ。


・日本に住んでいるんだけど、多くの卒業生は自分たちが勉強した分野では働いていないよ。金融界で働いている人を知っているんだけど、専攻はフランス文学だったからね。それにコネも日本やアジアでは大きいよ。

 
  Re・コネはヨーロッパやアメリカでも大きいよ。世界中どこでもそうさ。


  Re・フランス文学に関連した仕事は多くないだろう。特に日本人なら。


・日本の人口が減っているということを無視しているよね。だからその数字が可能なのでは?


・2,7%の人は働かないということ?一般教養を専攻している人たちで?


・日本は失われた時代にさよならをして、新たな時代を作り出すんだね。


・最近のアメリカの大学卒業生は仕事を見つけるのに悪戦苦闘しているのに。うらやましい。


  Re・アメリカの大卒で就職できていない人の割合は3,5%だから、それほど違わないよ。


・ということは、アベノミクスは上手くいっているということになるの?


・日本人にとって2,7%は、かなり悪いと感じているに違いないよ。


・日本の摩擦的失業率はアメリカよりもかなり低いよ。アメリカの労働人口とは比べられないというのは、はっきりしているけど。


・日本の若者の人口は他の国と比べて減るスピードがすごく早いよ。日本の人口の高齢化の原因になっている多くの要因の1つだしね。こういう国は年が経つにつれて大きな問題になるよ。


・1日10~12時間の仕事を楽しみたいのならね。
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加