今回は日本人の誤解についてです。
スレッドでは、これまで見たり聞いたりした中で最も馬鹿げている日本人の誤解は何なのかについてコメントしています。
翻訳元
What is the stupidest Japanese misconception about the world that you have encountered?


・外国人全員、英語が話せるということだね。お祭りでアイスクリームを売っているトルコ人の1人と英語の練習をしようとする女の子を見たけど、そのトルコ人は英語の言葉1つ知らないと日本語で言っているのに、彼女は話せるでしょうと言って聞く耳を持たなかったね。


・外国人は靴を履いたままベッドに入ると思っている女の子がいたなあ。


・アメリカ人がみんな銃を持っているということだな。


・タトゥーがお風呂のお湯を汚染し、それを入れている人は悪人だということになるね。


・日本の食べ物はかなり珍しいということと、カリフォルニアロールが外国の土地にしか存在しないということだね。


・カフェインは日本人に効果がないということ。


・カリフォルニアとミシシッピ川の間に住んでいるアメリカ人はカウボーイだと思っていることだね。


・世界中が危険だということだね。日本だけどこも安全だという。


・アメリカ人はどの食べ物にもケチャップをかけるということだね。友達がアイスクリームのときにケチャップを渡してきたし。なぜそう思ったのと聞いてみると、アメリカのどのレストランにもテーブルにケチャップが置いてあるからと言っていたよ・・・。


・くしゃみをすると風邪を引いているということになるね。


・私の同僚がイギリスに歴史があるのかと聞いてきたよ。


・フランスが最高の西欧文明であるということ。


・日本人の先生が一番強い柔道家は日本人だと強く主張していたよ。当時クラスメイトがオリンピックの金メダリストは日本人ではなくフランス人だと言ったんだけどね。


・日本で勉強していたとき、教授が欧米の人たちがキリスト教だから捕鯨に反対していると言っていたよ。それに鯨は聖書に言及されていると言っていたね。


・多く日本人の交換留学生はアメリカの大きさを過小評価していたね。テネシー州からカリフォルニア州まで車で休憩しながら2~3日かかり、日帰りでは行けないことを教えなければいけなかったし。同じ州にあり、2~3時間で行けると思っていたみたいだからね。


・血液型によって性格が決まってしまうことさ。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加