今回は実技試験についてです。
倉敷中央病院が研修医の採用試験で「15ミリの折り鶴」・「昆虫の組み立て」・「ミクロ寿司」の3つの実技試験が行われています。
SURGEON TRYOUTS FOR MED STUDENTS

Japanese Hospital Has An Insane Way To Test Young Surgeons - Using Micro Origami, Sushi and Insects

Channel Highway Newsさんの投稿 2016年4月22日



翻訳元
Japanese Hospital Has An Insane Way To Test Young Surgeons - Using Micro Origami, Sushi and Insects


・すごい!慎重にやっているね。こういうのが手術に必要だ!


・このアイデアは気に入ったよ。どれだけ集中して、時間の制約の中でやり抜けるかという試験だし、本物の手術をやっているような感じを表わしているしね。


・最も難しい試験かも。


・医者を訓練する新しい方法だ!


・とてもいいね。手術には震えない安定した手と多くの鍛錬が必要だからね。


・外科医にはなりたくないけど、これはやってみたいな。


・医学部ではこういうことをやっているんだな。


・まともではないと思う人がいるかもしれないけど、私には理にかなっていると思うわ。手術はものすごいプレッシャーと困難な中で素早く効率的にやらないといけないしね。命がかかっているのだから。この“ミッション”は馬鹿げているかもしれないけど、生徒たちがプレッシャーの中で上手くやれれば、一歩前進じゃないの?


・俺にはこれをやる忍耐はないな。


・すごく難しいから失敗しそうだ。


・だから日本は全てにおいてすごく正確なんだ・・・。


・やっていて楽しそうだわ。


・俺の指ではこれはできないな。


・寿司の手術か。


・日本の変わった医療の勉強?
関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加